猛烈に、人を励ます仕事がしたい。カウンセラーになりたい。


ちょいと今までクールモード全開な、カっタイ文章を書いてきてたような気がするので、今日はいつものわたしの調子で書いてみます。


突然だけど、人を励ます仕事がしたくなりました。


いつもわたしの思いつきは突然で、それはほぼほぼ長続きしないのだけれど、わたしはこれに関しての罪悪感みたいなものは一切持ち合わせていません。


以前なら、【自分の主張や言っていることには整合性がとれなければならない】【物事が長続きしないのは悪いことだ】【コロコロと気が変わるのはよくない】という諸々の思い込みがあり、言ってることややってることがコロコロと変わる自分にダメ出しをしていました。


しかし。


今やそれらの思い込みは、わたしの中には微塵たりともない。そんな考えは、遥か彼方にブチ込みました。どんだけ気が変わろうが、それが何か?って感じだし、そもそも何が悪いのかもわからない。変化するのが当たり前のこの諸行無常の世の中で、変わらない方がむしろ不自然ってもんだぜ?



なぜ頭ガチガチ人間だったわたしがこのように変化したかというと、わたしは自分の中の凝り固まった思い込みを手放すことに、かなりの時間とエネルギーを費やしてきたからです。


じゃあ、なぜ思い込みを手放すことにこだわってきたのか?


それは、


思い込みこそが、自分の世界を限定するからです。


それを手放すことを地道にやってきた結果、今やわたしは、おっそろしくラクな世界で生きることが可能になりました。悩みなんてないし、自分に不満なところなんていっこもないし、毎日ハッピーだし、かなり自由に生きています。


ですが世間を見渡せば、以前のわたしのような人がほとんど。
日々、世間の事象にあーだこーだとジャッジを入れては愚痴や批判を漏らし、周りの人の評価を気にしては萎縮し、他人と自分とを比較しては羨み妬み、他人よりも自分を優位に立たせようとし、世間の価値観を一番に置いて自分の心を置き去りにしている。そのくせ、満たされない現状を全部、他人や環境のせいにしている。人間関係に悩み、自分の体型に悩み、毎日さまざまな問題で心を痛めている。


はっきり言ってこういうの、

ぜんっっっっっぶ、

自分の心のあり方に原因があります。


そこに気がつかない限り、一生そのまんま生きていくことになります。
それは自分の人生の責任を他人や環境に預け、自分の人生の主導権を他者に明け渡しているということです。


仮にそれを自覚していたとしても、なぜそのまま変わらないのか?と言えば、そっちの方がラクだから。


自分に起こったトラブルを他人のせいにし、他者を悪人に仕立て上げておけば、自分は責められなくて済み、【自分は正しい】という安全地帯を出ずに済むからです。
決定権を他者に委ねれば、自分の決定に責任を取らずに済むからです。
自分よりも他人を下にしておけば、自分のプライドと存在意義が保てるからです。
自分の意見を出さずに周囲に合わせておけば、攻撃されることがないからです。


わかっていてもそれを選ぶというのならば、それはその人の自由。
だけど自分は本当はこんな生き方とは決別したいんだ、変わりたいんだ、もっと楽しく人生を生きていきたいんだ、と思うのであれば、そのために自分を改革していく覚悟を持たなくてはなりません。【自分に革命を起こす】のです。

そういう方たちのために、わたしができることをしたい。
そう思ったのです。


つまりは今、自分の人生に苦しんで悩んでいる人を励まし、癒したいと思ったのです。
わたしもかつてそうだったから。


人を羨み、自分を蔑み、軽視し、価値を感じず、自分を粗末に扱ってきた結果、苦悩に満ちた人生を歩んできたから。
自分の境遇の責任を他者に押し付け、他人を変えようとコントロールしていたことがあるから。


グダグダと思い悩み、憂鬱な日々を過ごし、心に不安と不満を抱え、それをどうにか解消したくて、たくさんの仕事に逃げてきました。そんな自分を変えるために多くの本を読み、心理のプロの人の話を聞きに遠方まで出かけて行きました。自分を変える為に費やしてきた時間とお金は、かなりのものだという自負があります。多大なるエネルギーをそのために投じてきたので、その経験で得たものにも自信があります。


だからこそ人が悩む心理や、この世のしくみについて学んできたことは山ほどあるし、苦悩する人の気持ちもすごくよく理解できるし、その人がどういう状況に陥って苦しんでいるのかがわかるのです。


ああ、もはやわたしは心理カウンセラーになりたい。
ロックなカウンセラー。
もしくは、クリエイティブなカウンセラー。
人の悩みをぶった斬り、クリエイティブな視点からファッションの提案をする。


資格もないのに心理カウンセラー?
いやいや、心理カウンセラーには国家資格なんて必要ないって知ってますか?ネイリストも実はそうなのですよ。
自分が名乗ったそばから、誰でも心理カウンセラーになれるのです。


てなわけで、そういう仕事がしたい。
世の中の人を一人でも、ハッピーにしたい。
もっと自分のことを好きになって、もっと自分の人生を楽しんでほしい。
自分に似合うものを纏って、輝かしく生きていってほしい。


さて、どうしようかな。
今のところはまあ、ただの意思表明です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

バニー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。