見出し画像

映画館スタッフが教える映画業界のホント

昨年末にゲスト出演させてもらった【姫路まちづくり喫茶】でのこと。参加者の方から「映画業界がなかなか厳しい今、伊木さんはどう考えていますか」という質問を頂いたのだ。

ごもっともな質問だ。

Youtubeを代表する動画配信サービスにはじまり、ニコニコ動画・Ustreamといったライブ配信。そしてVineやInstagramのストーリー機能などなど、誰もが映像を配信し、見たいときに見ることが出来る。そんな現代に映画って古臭いし、二時間なんて長すぎ。マジ卍。

と、そこまでは行かなくとも「漠然と映画業界が衰退している」と感じている人たちは少ないくない。でもこれは、ある意味間違っている。逆を言うと、ある意味正しいのも事実。

歴代記録を塗り替える近年の映画業界

あるウェブサイトの2016年のデータによると、日本全国のスクリーン数は1970年以来最高の3,472スクリーンで、25年前から今も増え続けている。興行収入は歴代最高の2,355億円。さらに入場者数は1.8億人で2000年以来最高だが、これを超えたことは過去2年しかない。と、言うことはこのウェブサイトに掲載している1955年から現在までで歴代3位の入場者数ということになる。

※一般社団法人日本映画製作者連盟ウェブサイト参照 [ http://www.eiren.org/toukei/data.html ]

え、盛り上がってんじゃん。映画業界。

そう思いませんか。そしてこれは映画館で上映したものだけのデータで、「映画業界」とくくるならDVDやブルーレイの販売・レンタル、さらにNetflixやamazon primeなどの配信サービスによって、映画に触れている人は莫大に増加しているはずだ。

こんなことから個人的に「ある意味、映画業界は盛り上がっている」と感じている。

衰退、からの淘汰。そして...

何を持って「衰退」とするのかで捉え方は様々だ、と理解した上でこの記事を書いている。正直、今までにもこういった質問をいただくことが多々あった。ただ、確実に衰退だけではない現状があること。漠然とした世間のイメージだけでは内包するリアルな要素は見えてこない。物事にはあらゆる側面が存在し、一方向からしか見ない人には真実は一つしか存在しない。真実はいつも一つなんかではない。

上記の映画業界に関してもそうだ。ある側面では数値的に増加していても、ある側面では衰退の一途を辿っている部分もある。まさに地方の映画館がそれだ。スクリーン総数の増加は施設内に10、もしくはそれ以上のスクリーンを抱えるシネコンの増加に伴ったもので、ここ数年で閉館した地方の小さな映画館は数百とも言われている。

興行収入の増加も、地方映画館の減少も。
どちらも紛れもない真実であり、業界の側面なのだ。

4年前、まだ劇場リニューアルの構想段階で現オーナーの石橋さんに聞いたことがあった。「映画なんてもっと見られなくなりますよ。そうなると映画館なんてもっと人が来ないんじゃないですか」そしたらこんな答えが返って来たのをいまだに覚えている。

「映画はまだ確実に生きている。生かすも殺すもやり方次第だ」


オススメ記事

伊木作、劇場プレゼン資料を公開します。

【2017】買ってよかったものベスト5①

【2017】買ってよかったものベスト5②

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 家族に美味しいものをご馳走しようと思います。

ありがとうございます!あなたの記事も読ませてもらいます!
4

sho iki@一度閉館した地方映画館スタッフ

地方映画館運営スタッフ / 個人事業主 大学中退👉ニート👉音楽イベントをゼロから立上げ👉一度閉館した映画館新生PJT参加👉赤字映画館の企画・運営スタッフ就任 / 映画🎬知識ゼロで収益ベースに乗せるトライ実践中💪 http://toyogeki.jp/

コメント1件

お知らせ、ありがとうございます!
樹木希林さん、深く、そして優しい方だったというのがその作品や今回のドキュメンタリー映像に反映されていたと感じています。この写真の劇場『豊岡劇場』でも希林さんの作品の中から数本ではありますが、再度アンコール上映として近日スクリーンに投影する予定です。
より多くの方に樹木希林さんという人の断片に触れて欲しい、ますますそう感じています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。