大学で法学を学んで衝撃的だったこと ――多数決は正しさを示さないということ

■随分と前の話

実は,言いたいことはタイトルに書いたことにつきておりまして,もう話は終わっているのですが(笑)。


随分と前に,世間知らずの子供が法学部に入りました。その子供は,大学で色々と学ぶ中で,ようやく,初めて気づいたのです。

「多数決で決められた事項が,『正しい』事項である確証はない」


当たり前のことですよね。

ですが,当時の私は,

「多数決で決められたことは『正しい』ことだ」→「『正しい』ことには従わねばならない」

と当然のように考えていたのです。


冷静に考えれば,上記命題(?)には色々な疑問点があります。

――そもそも「正しい」とはどういうことなのか?
――「正しさ」を民主的な手続で決定することはできるのか?
――多数決というプロセスとその結果が意味することは何なのか?
――なぜ,現在,多くの国家では多数決制度が採用されているのか?

これらの問題についてちゃんと考えるには,哲学,論理学,歴史学,法制史など様々な学問を修めなければなりません。

その意味では,大学入学後に,私が,上記命題の不完全さに気づいたことは幸いだったのかもしれません。
なぜならば大学であれば,手を伸ばせば,簡単に諸学問にアクセスできるからです(実際に私が手を伸ばしたかどうかは別の話です(笑))。



■余談

ちなみに,この文脈の1つに,憲法があります。

多数決によっても侵すことができない権利や利益を定めたもの。それが憲法です。

だからこそ,多数決によって制定される「法律」は,憲法に反することができません。

義務教育の中でも学ぶ,ごく基礎的な知識なのですが,時々,これを忘れておられるかのような政治家のご発言に接することがあり,大変残念に思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

sho_ya

今週のおすすめ記事

note編集部がおすすめする記事を集めました! 不定期に更新いたします!

コメント3件

多数決とは、例えばある物事の決断によってケンカあるいは暴動等が起きそうな状況である場合それを回避する手段として権力者あるいはリーダーが提案し行わせるもの。

ではないかと自分では思っていますが、三人寄れば文殊の知恵 と言う様に民主主義とは本来様々な知恵を持った人達が集まり多角的な角度から意見を述べあいそれぞれの考えの欠点を埋めていく、それこそが民主主義なのではないかと思っていますが

確かに国会においても 文殊の知恵 を出し合って解決せず多勢の勢いに任せて強行採決をしてしまうと言う事が行われていますが、我々か議員に望んでいる事はそんな事では無かった筈、しかしその前に我々が民主主義とは何なのかをちゃんと考えなければなりませんね。
こんにちは、はじめてコメントします。わたしは多数決が正しいは危ないなとおもっています。たとえば原発の問題はいろいらな問題を孕むでしょうが、まず一点主体的に問題にしなくてはならないのは、医学的観点です。人の健康問題を一番に考えなくてはいけません。それには、専門的な問題になってきます。なので知識のない多数決一致しは信用できません。
多数決とは正義ではなく、従うべきものですね。勿論、正義である場合もありますが、「必ず正義である」という思い込みが蔓延しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。