小西康陽さんオススメの芸能書物

日本を代表するドラマー、村上”ポンタ”秀一さんの「自暴自伝」を読みました。意外ですが、この文庫本の解説を小西康陽さんが書いているんですね。その解説で「芸能、エンターテイメントに関する書物を読むのが好き」と他にもいろいろな本を紹介しています。興味深いので、今回はそれらを並べてみました。知らなかった本も多いので、見つけて少しつづ読んでみようと思ってます。

1. 桂文楽 / 芸談 あばらかべっそん

2. 永六輔 / 芸人その世界

3. 戸板康二 / ちょっといい話

4. 立川談志 / 談志楽屋噺

5. 塚本邦雄 /薔薇色のゴリラ

6. 和田誠 / いつか聴いた歌

7. 阿久悠 + 和田誠 / A面B面

8. いずみたく / ドレミファ交遊録

9. 小林亜星 / 亜星流!

10. 矢沢永吉 / 成りあがり

11. 矢沢永吉 / アー・ユー・ハッピー?

12. 田中雄二 / 電子音楽イン・ジャパン

13. 野田勉 / ブラック・マシン・ミュージック

14. ECD / ECDIARY

15. ECD / 失点・イン・ザ・パーク

16. 菊地成孔 大谷能生 / 憂鬱と官能を教えた学校

17. 村上”ポンタ”秀一 / 自暴自伝

この小西さんの解説は2006年のものなので、その後のオススメ芸能書物もいろいろと知りたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます〜
6

ショック太郎

無果汁団という音楽制作ユニットをやってます 。TECHIIとPOP IND'S世代。音楽と読書と映画と散歩好き。http://instagram.com/shocktarou/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。