sho nakamura, a.k.a バンチョー

インタビュアー/ライター インタビュイーがワクワクしてくる取材を通して、その方の魅力を最大限に魅せること。その信念のもと、インタビューをしております。
固定されたノート

はじめに

当アカウントは、主に取材記事をメインコンテンツにしております。

ですが、noteだけで音声など色々な発信形態を取れることから、音声入力での記事作成やラジオ、動画の配信も実験的に行なっております。

上記のリンクは僕が取材や記事作成に携わったマガジンになっております。
先行きの見えない混迷の現代において、これからの時代を自ら創ろうとご活躍されてる方にインタビューを行ったものです。
読んでいただく方

もっとみる

「豊かな地域を、世界中にデザインする」“NPO法人 Co.to.hana 代表理事” 西川 亮さん

貧乏に苦しみ、あてどない思いに向き合ってくれた地域の大人との出会い、そして死別。建築に見出した希望と一方通行なモノづくりに抱いた違和感。0→1で場をデザインし創造しつづけた彼には今どんなビジョンが見えているのでしょうか。西川さんにお話を伺いました。

西川さんプロフィール
出身地:大阪府堺市
活動地域:日本
経歴:NPO法人Co.to.hana 代表理事
1986年大阪生まれ。神戸芸術工科大学を卒

もっとみる

“何度でも再挑戦できる社会を”「Blind Up. 代表」坂 彬光さん

2018年6月、不眠に苦しみ働くことのできないひきこもりの状態。何者にもなれず必要とされない自分への絶望感に苛まれた彼はある日、働き悩む当事者たちの伴走者になることを決意する。ブラインドをあげた先に見る希望へ向かい、人生をかけたプロジェクトに挑戦している坂さんに話をお聞きしました。

坂 彬光さんプロフィール
出身地:大阪府岸和田市
活動地域:大阪市、兵庫県尼崎市
経歴:任意団体「Blind Up

もっとみる

インタビュー小話 社会起業家

今日はBlind Upの代表の坂 彬光くんの取材をした。

彼の生い立ちやビジョン、Blind Up立ち上げの背景については後日専用の記事にて報告したい。

誰かにとっての伴走者になること。
自分自身も絶望の淵に立たされながらも、自分のためだけでなく誰かのために立ち上がる。そんな彼の本音と苦しみを抱えながら本気で向かっていく姿勢に、突き動かされる人もたくさんいるだろう。

事実、彼の綴るnote経

もっとみる

「発達障害でも、得意なことが活かし合える社会へ」“応援ソングライター”yu-kaさん

得意なことと苦手なことに凸凹(でこぼこ)のように大きな差があると言われている発達障害の人たち。ご自身も発達障害の経験から働き辛さに苦しんできたyu-kaさんは、応援ソングを自ら作成して歌いあげる。得意を活かし、苦手を補い合う社会を思い描く彼女に話を伺いました。

プロフィール
出身地:兵庫県
活動地域:神戸、大阪、京都などの関西圏中心
経歴:発達凸凹(障害)を持つ方の凸(強み)に焦点を当てたイ

もっとみる

ちょっと遅めの朝活@大阪・梅田

朝活に参加したことはありますか?

僕も昔は参加をしていたのですが、朝7時からだと家を出るのが6時前になったりとなかなかにハードルが高く長く続くことがありませんでした。

しかしながらフリーで働く今、 時間を有効活用したいなという思いから朝9時から11時のに時間を使って朝活を実施しています。

この朝活は対話するトランプを用いて行なっていまして、普段質問されないようなテーマから自分自身のことや参加

もっとみる