「フードバンクへの食品提供が全額損金算入」について調べてみた

昨年末にしたこのニュース

「フードバンクへの食品提供 全額を損金算入」
https://www.komei.or.jp/komeinews/p18454/

「フードバンクへの食品提供が全額損金算入できるようになったことが、どうしてニュースになるのか?」と疑問に思ったので、いろいろと調べてみました。

・損金って何?
そもそものところ、「損金」が何かを知らなかったので調べてみると「費用の一部で、法人税の計算の際に、税制上かかる税金を減らせるもの」。つまり、損金に算入できる額が増えるほど、企業が払う税金が減るという仕組みのようです。

・これまではどうだったの?
これまでも企業の寄付には損金への算入が認められていましたが、上限が存在していました。つまり、ある程度までは税金の対象にならないけど、それ以上は税金の対象になるということです。商品の廃棄は、全額損金に算入できるので、「寄付しても税金がかかるんなら、廃棄した方がいいね」となっていました。

廃棄(全額損金):税金⬇︎+廃棄コスト⬆︎
寄付(一部損金):税金⬆︎

・これからはどうなるの?
これからはフードバンクへの食品の寄付は、以下の条件を満たしていれば全額損金に算入できます。

①食品衛生上、問題が無いこと
②事業者の商品管理のルール上、販売困難と判断した廃棄予定のもの
③食品提供企業とフードバンクの合意書

これらを満たせば、食品の寄付は廃棄コストを抑えられ、さらに税金も下がるという状況になったのです。

廃棄(全額損金):税金⬇︎+廃棄コスト⬆︎
寄付(全額損金):税金⬇︎

国連で決まったSDGsにも食料の問題は取り上げられています。この法改正を期に、食料廃棄の減少が進むことを期待しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!良かったらシェアもお願いします!

Shohei Ito

年間100冊以上の本を読む30歳一児の父/入社して4年で6回の異動を経験し、今は他業種へ出向中/学生時代の経験から、キャリア教育やファンドレイジングに関する活動に興味を持っています/自分の思考の一部をおすそ分けしたい/秋田県出身

寄付・ファンドレイジング

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。