反骨心

20才の時、ロンドンの本屋さんで「エミネム」の本を買った

誰でもバカにされた経験はあると思う


昔、小学校の時に
突然、有名人が来たと言って
クラスメイト全員がクラスを飛び出し
体育館の方へ走っていった

興味がなかったので
クラスには自分1人になり
1人でハイチュウを食べていた

すると戻ってきたクラスメイト全員に
「何で来ないんだよ、もったいない」
とそれ以降ずっとバカにされた

中学生の時に
無口な自分は
「付き合いが悪いな」と悪口を言われ
体育の時間には石を投げられた


スクールカースト上位が下位に
立場を示す「いじめ」

家族、友達、そして社会で生きていく中で
バカにされることは誰しもあると思う


「おまえには出来ない」
そう言われた時に自分の中の反骨心が芽生えた
「悔しい」と思う気持ちが努力へ変わった


自分をバカにしたやつらを見返してやりたい
その為にならどんなことだって努力を惜しまない
寝る時間がなくても厭わない

「結果」で見返してやる


エミネムは、本の中で自分の気持ちを全て代弁してくれていた
今でも常にベットの横にあり、辛い時はその本に書いてある言葉を読む
“You can do anything you set your mind to, man.”
"死ぬ気でやりゃあ、何だって出来るんだ"


その本に最後に書いてある言葉は
「カッコつけるな、この文章を読んでいるお前はクソだ」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

随想

代表、成嶋が人生の中(主に海外)で体験したことをまとめてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。