2017年11月第4刷発行予定『東京の森のカフェ』棚沢 永子

出かけよう、東京の森へ。そして癒しのカフェへ。

東京には緑が少ないとよく言われるけれど、そんなことはない。ちょっと目をこらせば身近なところにも自然は意外とたくさんみつけられるに違いない。少し郊外に足をのばして鬱蒼とした森の中を歩き回ったり、またささやかでも緑を大事にしている人たちと話したり。そういう出会いがあったときには本当に嬉しくなる――豊かな自然に彩られた、新しい出会いの物語、36話が収められています。

https://www.amazon.co.jp/東京の森のカフェ-棚沢-永子/dp/4863852681

【本書で紹介しているカフェ】
茶房 糸屋/野外テラス 水の音
茶房 むべ
カフェ せせらぎ
絶景カフェ ぽっぽ
木古里 COFFEE&ギャラリー
COFFEE HOUSE らびっと
Tea Room
コンブリオ
森のアトリエ
TAKAO 599 MUSEUM 599 CAFE
十一丁目茶屋
武蔵野茶房 江戸東京たてもの園店
Café Laguras/茶かわせみ
曼珠苑
NICO
グリーンカフェ西郷山
Thrush Café
PARK SIDE CAFE
Café du lièvre うさぎ館
NISHI ann cafe
蔦珈琲店
Les Grands Arbres
Café Felice ケトルドラム
珈琲館 くすの樹
ENGLISH GARDEN ROSE CAFE
KURUMED COFFEE
BUNDAN COFFEE & BEER
/ギャラリー&カフェ コンティーナ
NEZUCAFÉ
Uni.Café 125
史跡の駅 おたカフェ
Clare Home & Garden
旧白洲邸 武相荘

東京の森のカフェ
発行所 書肆侃侃房
定価  本体1,300円+税
A5判並製144頁オールカラー
2017年7月7日 第1版第1刷発行
2017年11月第4刷発行予定
http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=805
棚沢永子(たなざわ・えいこ) 【会員番号481】
1959年東京都立川市生まれ、府中市在住。双子座B型。1983年から10年間、女性のための詩の雑誌「現代詩ラ・メール」の編集実務を担当。二女一男の子育てを経て、現在はフリーのエディター&ライターとして本の周辺で活動中。雑誌「something」編集人。書肆侃侃房・東京営業スタッフ。『東京の森のカフェ』は初めての著作。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

書人宝庫

書人の本案内

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。