龍崎翔子 メディアアーカイブ / 2017


いつも大変お世話になっております。L&G GLOBAL BUSINESS Inc.の龍崎翔子です。

早いもので、取材していただくことがあるようになって早くも2年以上たってしまいました。多くのライターさん、編集者さん、フォトグラファーさんのご協力のおかげで、名もない私のような人間が自分の言葉を伝えることができているんだなあと感じ入っております。

そして、それらの言葉や価値観を受け止めてくださっている読者の方々にも心からお礼申し上げます。微力ながらも少しでも新鮮だと思っていただけるようなメッセージを発信して行くことができたらなと考えております。

振り返るとたくさんのメディア様に取材していただいておりまして、 
✔︎ 検索上位のものもあれば、埋もれているのもありもったいない 
✔︎ 今後、取材の切り口などが被らないようにアーカイブ化して俯瞰したい 
✔︎ 龍崎って誰やねんという人が効率よく情報収集できるといいな
などと考え、今まで取材してくださったメディア、そしてその記事を時系列にアーカイブする運びとなりました。

時系列を追うごとに微妙に思想が成長している(ように自分では思っている)のでそういう楽しみ方などもしていただけたら嬉しいです。髪型とかも結構変わっています。

今回は2017年に取材していただいた記事をまとめました。当時20~21歳で、「HOTEL SHE, KYOTO」がなんとか軌道に乗り、ホテルのあり方についての考えを深め、「HOTEL SHE, OSAKA」をオープンしていた頃です。


販促会議

『若きホテルプロデューサーが仕掛ける、京都発・次世代ソーシャルホテル』


「店頭演出・ポップアップストア」という特集で、商業空間プロデュースという観点からどのようにソーシャル性のあるホテル空間演出を行なっているかについて書いていただきました。#空間デザイン #ホテルプロデュース

今までの「東大起業家」「女性経営者」的な切り口ではなく、初めて「ホテルプロデューサー」としてどのようなホテル空間を作っているかについて取材していただき、大変嬉しかったです。


FUTURE IS NOW

『時代の目利きたちの“今”から未来を探るメディア』


「旅」をテーマに、「時代の目利き」と言われる人々に新しい時代のスタンダードを問うインタビューをしていただきました。#旅 #ホテルプロデュース

「ホテル」とか「大学生」などから離れて、いち仕事人(?)として取材していただきました。このあたりから大変ありがたいことに、大学生とかそういうキャッチーさに関係なく取材の依頼をいただけることが増えました。


HARES

「泊まることが、自分の意思表示になる」21歳、ミレニアル世代がつくるソーシャルホテル「HOTEL SHE, OSAKA」

小さな世界をつなぐコミュニティメディアHARES様に、ミレニアル世代のホテルプロデューサーとして、ホテル経営志したきっかけ、コンセプトである「ソーシャルホテル」の内容についてインタビューいただきました。#キャリア #ホテルプロデュース

一番最初のUmeeTの記事をアップデートするイメージで取材していただきました。ただ単に龍崎のストーリーを追うだけでなく、L&G GLOBAL BUSINESS Inc.やHOTEL SHE,の文化や価値観についても触れていただいている、お気に入りの記事です。


WWD

「アパレルみたいにジャケ買いされるホテルを」話題の“ソーシャルホテル”が目指す理想像

ファッション&トレンドカルチャーメディアのWWD様に、HOTEL SHE,OSAKAオープン直後に、ライフスタイル提案型のホテルとしての、
イメージやブランディング戦略について取材いただきました。#トレンドカルチャー #ソーシャルホテル #ホテルプロデュース

HOTEL SHE, OSAKAのオープンにあたって、前から憧れていたトレンドカルチャーを中心に扱うwebメディア「WWD」さんに取材していただきました。HOTEL SHE, OSAKAの工事中の様子が見れます!


Glamp

ホテル業の再構築を目指す。ソーシャルホテル”HOTEL SHE,”の挑戦。

グランピングを特集した雑誌Glamp様で、HOTEL SHE,OSAKAオープン直後に、コンセプトである「ソーシャルホテル」の内容、これからのホテルに求められるエンターテインメント性、今後計画している温泉旅館のリノベーションプロジェクトについて取材いただきました。#グランピング #ホテルプロデュース #ソーシャルホテル

グランピングと言う領域の近い専門誌ということもあり、SHE,の目指しているホテル観についてより深く訊いていただくことができました。過去よりも未来について語ることができる貴重な機会となりました。


SHE

「ソーシャル×ローカルに根ざしたホテルを」若手ホテルプロデューサー龍崎さんが語る、新しいホテルの形

自分らしく輝く女性を応援するSHE様に、ホテル経営を志した原点から、petit-hotel #MELON、HOTEL SHE, KYOTOと挫折とアップデートを重ねてHOTEL SHE, OSAKAが作られるまでをインタビューいただきました。#女性 #経営

名前が似てる!!と思ってご連絡させていただいたSHEさん。HOTEL SHE, OSAKAがオープンした際においでいただき、取材していただきました。


ONE STORY

街と人の出会いを創造するソーシャルホテルHOTELSHE,OSAKA(ホテル シー オオサカ)。

HOTEL SHE, OSAKAの基本情報からサービス、コンセプト、そして併設のコーヒースタンド「WORKBENCH COFFEE ROASTERS」についてご紹介いただきました。#hotelsheosaka #workbenchcoffee


HOTEL SHE,OSAKA(ホテル シー オオサカ)プロデューサー・龍崎翔子氏が描く理想のホテル像とは。

地域の価値を創造するためのメディア「ONE STORY」様に、ホテルプロデューサーになるまで、コンセプトである「ソーシャルホテル」の内容、弁天町でホテルをやる意義について取材いただきました。#地域 #ホテルプロデュース

HOTEL SHE, OSAKAのオープンに際して、ONE STORY様に取材していただきました。ありがたいことに、ホテルそのものと、私個人についてそれぞれ丁寧に話を聞いていただきました。


COMPASS

「ミレニアル世代に刺さるグラフィックを提案したかった」—ホテル経営者 龍崎翔子(21)#ミレニアルズ解剖

COMPASS様の#ミレニアル解剖という特集でミレニアル世代のホテルプロデュースという切り口でHOTEL SHE,OSAKAのライフスタイル提案型のホテルとしての、イメージやブランディング戦略、L&G GLOBA BUSINESS, Inc.のカルチャーについて取材いただきました。#ミレニアル #ホテルプロデュース #L&G

ミレニアル世代の価値観を発信するライターとして著名な石井リナさんに取材していただきました。今までに全くなかった切り口で取材していただき、とても気に入っている記事です。


Numero

21世紀少女 vol.30 現役東大女子がつくる、21世紀のホテル
ホテル経営者、龍崎翔子

ファッション雑誌Numero Tokyo様の21世紀少女という企画で、21歳のホテルプロデューサーとして、ライフスタイルや影響を受けたカルチャー等について紹介していただきました。#トレンドカルチャー #ホテルプロデュース

ファッションクリエイティブディレクターの軍地彩弓さんに取材していただき、Numero本誌にも掲載していただきました。憧れの雑誌だったので大変嬉しかったです・・・!


→『龍崎翔子 メディアアーカイブ / 2018』に続きます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

shokoryuzaki

ホテルプロデュ〜サ〜 / L&G GLOBAL BUSINESS, Inc. 代表 / HOTEL SHE, & ホテルクモイ & #MELON 連絡事項と語りたいトピックをnoteにまとめます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。