shokosun(伊藤尚子)

レシピ文化研究家/はなうた食堂主宰。アジアに住むわたしたちの生活とその繋がり。アジアを中心とした家庭料理のレシピとその文化背景を研究しています。

自分に合った包丁の話

有賀薫さんと山口祐加さんがキッチン用品について語るイベントが、東京で開催されました。参加はできませんでしたが、キッチン大好きな私としては気になるイベント。
参加された方のレポートも、楽しく拝見しています。

特に、五十嵐さんの気付き、“「いいものを選んだほうが良い道具」と「どうでもいい道具」の緩急をつける”というのは、ほんとそのとおりだなと思い、また、五十嵐さんのように、そういう視点を求めている人

もっとみる
ありがとうございます!今日はどんなもの、食べましたか?
12

料理の身体感覚〜饅頭マントウづくり篇

無自覚の上達

興味が尽きなくて、ずっと饅頭(マントウ)類を作り続けています。日本語だと中華まんという言い方が一般的な、中華蒸しパン。
西洋のパンとは親戚のようなもので、酵母と小麦粉と水をよく捏ねて、発酵させて、火を通して作ります。

作り始めてもう数年になりますが、最近、とあることに気づいて、戸惑っています。理由がわからないのに、失敗が減ったのです。
(下の写真は、2年半ほど前のもの。見事な失敗

もっとみる

The way to SUSHI 〜蒸し寿司が食べたくなった話

蒸し寿司が好きだ。簡単に言うと、ばら寿司を蒸して温かくしたもの。
上等のだと、穴子なんかを乗せて蒸し上げたものを出す店がある。
もともとは、祖母が作ってくらたばら寿司を、(理由は忘れたが)チンして食べたのが、私にとっての始まりだった。
冷えたのを食べるより、断然美味しい…!特に、上に乗せた錦糸卵とすし飯の具合が最高になる。
その時より、私にとってばら寿司は、わざわざチンして食べるものになった。ちな

もっとみる
ありがとうございます。最近のお気に入りはなんですか?
52

家事とは◯◯である

さて、先日の新しいカテイカミーティングin大阪でのお題、「家事とは◯◯である」という問いに、私自身が答えていなかったので、ここで書いてみたいと思います。

「家事とは、生活をニュートラルにする機能のことである」

前回のnoteで書いた言葉です。生活の恒常性を維持するための機能である、と言ってもいいかもしれません。

新しいカテイカのメンバーで話をしている時に「マインドフルネス」という言葉が出てき

もっとみる

第3回新しいカテイカミーティングin大阪レポート

去る1/19(土)、大阪で初めての新しいカテイカミーティングを開催しました。
これまで開催していた東京と違い、SNSの告知でどれだけの人が集まるかと、少し心配したのですが、結果的にはあっという間に定員が埋まり、皆さんの関心の高さを改めて感じました。

当日は、翻訳家の村井理子さんも参加してくださり、ファンの方にとっては嬉しいサプライズにもなったようです。
主催者である有賀薫、阿古真理も含め、メディ

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
16

呼吸するように、生活していこう。

マンションの排水管清掃で自宅待機だったり、受講しなくてはならないセミナーがあったりで、今年の仕事始めはいつもよりゆっくりになりました。
仕事納めから慌ただしく続くお正月というのは、休みといえども、準備や挨拶廻りなどで、普段より忙しいくらいですが、おかげで一息つく時間ができ、ほっとしています。まるで、吸いっぱなしだった息を、ようやく吐けたかのよう。
ゆっくり新聞を読んだり、落ち着いた気持ちで台所に立

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いします。
10