まずはこの7冊!突然「プロダクトマネージャー」になった私を助けてくれた良書たち📕


こんにちは!これまで営業→CS→広報→人事→PMと4年間で職種の大横断をしてきたShoko(@shokosuzuki1991)です。どの職種もはじめてやるときは素人なのでざっくりとキャッチアップをするのですが、ぶっちゃけPdMが一番大変でした...

なぜなら役割や職務内容が明確に決まっておらず、何調べてもPdM=CEO of Productって出てくるんです。「結局何すればいいんだ」感が満載、、またエンジニア・デザイナーといったクリエイター出身のPMが多い中で、完全なるビジネスサイド出身の私は技術・マーケ面でのキャッチアップに苦労しました(TT)

そんな背景もあって、最近は「はじめはどうやって勉強したの?」「オススメの本ある?」と聞かれることが増えたので、PMのキャッチアップのために読んだ書籍をまとめてみました。同じような境遇の方の参考になれば幸いです!

※「プロジェクトマネジメント」ではなく、「プロダクトマネジメント」のお話です。

はじめに:地図を持とう👉PMトライアングル

CEO of Productってなんやねん!と思っていた私の救世主となったのが、「【翻訳】プロダクトマネジメントトライアングル」という記事でした。

PM=「プロダクトの "WHY" と "WHAT" に責任を持つ人」という定義が、個人的には一番しっくりきますが、そのうえでより細かく「自分に何ができて、何ができないのか」を判明させるのに上記が役立ちました。

ちなみに私は「Users⇔Business」はある程度バリューが出せる自信があったものの、「Developers」から伸びてる2線は知見が皆無に近かったので、ここのキャッチアップから始めました。

「PMとしてどこに注力すべきなのか?」はプロダクトやチームによって大きく異なると思います。がむしゃらにインプットを行うよりも、今の自分が「どの分野の知識やノウハウを補う必要があるのか」を認識したうえで、足りないものを埋めていくことをオススメします。

本題:インプットの目的別7冊📕

読書は異常にコスパのいい投資です。PMに限らず、手っ取り早くその職種のインプットを図るのに一番効率がいいのは書籍でしょう。

ここからは完全に私の独断と偏見ですが、PdMのキャッチアップのために読んだ数十冊の中から「これを読んでなかったら今頃どうなってたんだろう、、」と怖くなるくらいバリューのある書籍のみを厳選し、目的別にまとめました。

1. PMの起源を学ぶ
2. PMの職務を学ぶ
3. 開発を学ぶ
4. イノベーションを学ぶ
5. マーケティングを学ぶ
6.チームビルディングを学ぶ
7. UI/UXを学ぶ

①PMの起源を学ぶ👉トヨタの製品開発

Yamottyさんの記事「プロダクトマネジメントのルーツと誤解」で感銘を受け、トヨタの主査制度に興味を持ったのがきっかけです。「ちょっとでも参考になれば」くらいの軽い気持ちだったのですが、いい意味で期待を裏切られました。

トヨタの3つの人気車種が世に出るまでがストーリーになっているのですが、日本を代表する大企業が当時ここまで泥臭い仮説検証を繰り返していることに感銘を受けました、、!また予算も期間も莫大で、不可逆性がかなり高い自動車という製品でも、主査一人にほぼ全ての責任と権限が集中していることに驚かされます。

「各分野のエキスパートに持てる力を発揮してもらうこと」と、「とはいえ合議制では良いモノはできない」という相反する2つの事実を、主査という制度で組織として成り立たせたトヨタこそ、PMという役割が生まれた場所であると言えます。

ーーーーー

②PMの職務を学ぶ👉『INSPIRED』

今回紹介する書籍の中で最も実践的で、とくに新規開発に携わっているPMの方にオススメです。構想段階でどこまで仕様を決めておくべきか、といった上流から、インタビューするユーザーの集め方と質問リストまで、実務に使えるノウハウが詰まっています。

私はこれを読んで、チーム内でPMが果たすべき役割や振る舞いについての解像度がかなり上がりましたまた実際に、ハイファイプロトタイプ(UXを正確に再現した試作品)による「つくるまえの検証」に重きを置くようになったのも、完全に本書の影響です。

ーーーーー

③開発を学ぶ👉『エンジニアリング組織論への招待』

こちらは言わずもがな、ですね。「不確実性」は今年のIT業界におけるバズワードだと言えるでしょう。

PMに限らず、IT企業でサービス開発に関わる人ならしのごの言わずに読んだ方がいいです。絶対に損はしないことを保証します( ・`ω・´)

ーーーーー

④イノベーションを学ぶ👉ジョブ理論

「どうやってイノベーションを起こすのか」という死ぬほど抽象度の高いテーマを、「全ての製品・サービス・プロダクトはある"ジョブ"を終えるために顧客に雇われている」という極めて汎用性の高いフレームワークに落とし込まれています。

相関関係と因果関係は別であり、因果関係を判明させるのがジョブ理論です。例えば「早朝にミルクシェイクを買う人はビジネスマンが多い」というのは相関関係であり、「車通勤の人が会社に着くまでに、手を汚さずにてっとり早くお腹を満たすものがほしい」というのが因果関係(ジョブ)です。

このときに相関関係でしかない「セグメント:ビジネスマン」に着目すると、ランチタイムにも販売個数を増やすキャンペーンといったお門違いな施策を打ってしまうことになります。

弊プロダクトの実際の事例でいうと、「手っ取り早く正確な書類をつくりたい」というジョブに加え、サービス開発を進めていくにつれ、「記入に必要な情報を一元的に管理したい」という別のジョブを発見しました。

ーーーーー

⑤マーケティングを学ぶ👉『クラウド誕生』

Salesforceの創業者マーク・ベニオフが「BtoBプロダクトでもここまでできるぜ!」と背中で語ってくれる本です。一時期私とCEOの呂の間で、大胆な打ち手を「ベニオフ」と呼ぶのが流行りました。なんか発音もいい感じですしねw

個人的にマーケの施策って、それっぽいデータやフレームワークが溢れているぶん、小賢く考えてしまいがちだと思っていて、そういう意味で「目的から落とし、手段をゼロベースで考える」ベニオフの姿勢から学ぶものは多かったです。

SaaSビジネスに従事している人はもちろん、toCでも明確な競合がいて、バチバチやってるビジネスに従事している人が一番参考になるかもしれません。弊社もいつかは「ユーザー紹介したら牛丼配布するキャンペーン」とか、斜め上の施策をやってみたいと企んでいます(・∀・)

ーーーーー

⑥チームビルディングを学ぶ👉なぜ部下とうまくいかないのか

(タイトルが分かりづらいのが玉にキズなんでですが)チームの関係性に悩んでいる人は必読です。この本の素晴らしいところは「人間の成長」という極めて曖昧なものをきちんと定義しているところです。

<読書メモより抜粋>
・意味の構築(解釈)はヒトにしかできない、成長とはこの意識段階が上がること
適切な「課題」と「問い」を与えることで相手の成長を促す
・どのような言葉をどのようなシーンで使うかで相手の意識段階が変わる
・逆に無理に発達や成長を強制しようとすると後々停滞する(ピアジェ効果)
・ある人の意識の成長は、その人より意識段階の高い人からしか見込めない

よくマネジメントにおいては「部下の成果は60点で合格と思え」とか言いますが、それってすごい失礼な話だと思いませんか?

PMだととくに、そういった「いかに100点である自分に近づけるか」というマネジメントよりも、「全メンバーが持てる力を発揮できるビジョンと環境をつくるか」というチームビルディングがテーマになると思うのですが、このあたりのヒントを多く獲得できると思います。

ーーーーー

⑦UI/UXを学ぶ👉かくて行動経済学は生まれけり

WEBやアプリのUI/UX論は溢れすぎていて、「なんかこう、もっと根幹のやつないのか!」と思って、たどり着いたのが行動経済学です。笑  UI/UXだけでなく、マーケに使える内容も多いです。上記2冊に「ファースト&スロー」を加えた3冊が、行動経済学の3大バイブルでしょう( ・`ω・´)

「人は何かされると返したくなる」という返報性の法則や、「獲得の幸せよりも、損失の痛みの方が数倍強く感じやすい」という保有効果などの有名な原理がどうやって解明されていったのかが分かる、という意味で私的には「かくて行動経済学は生まれり」がオススメです。

これを読むと結局人間は「反応の奴隷」であることが痛いほどわかるので、いかに良い反応を起こし、意図しない悪い反応を削るかがUI/UXというのが私なりの見解です。

ーーーーー

読んだら実践する。自分の脳みそで考える。

書籍だけでなく、WEB上にも必読のコンテンツはたくさんあるので、いつかそちらも紹介できればと思います。(前回ユーザーインタビューについてまとめた「ユーザーインタビューのWHYとWHAT」もよければどうぞ。)

しかしながら、経験に勝るインプットはなく、「行動なき読書」に価値はありません。業務範囲がいい意味で曖昧なPMという職務の特権は、インプットしたことを現実ですぐに試せることにあると思います。

下記は、かの有名なレバレッジ・リーディングからの引用です。

<本文より抜粋>
・第一に必要不可欠なのが、「目的を持って本を選ぶ」ことです。「自分の人生の目標は何か」「現状の課題は何か」という大きな目標があれば、「今、自分にはどんな本が必要か」ということがはっきり意識できます。

・100項目すべてを抜き出して、一つも身につけないよりは、重要な一項目だけを抜き出して、それを実践するほうが、リターンを得られるのです。

・とにかく大事なのは、本から得たノウハウをメモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、どんどん実践で活用していくことです。

必ず最後に愛は勝つ

インプットにもダウンサイドはあります。様々なノウハウや理論を知ることで、「それっぽくなること」です。笑 

どんなノウハウや理論も、あるプロダクトや特定領域にポジションをとり、愛と情熱を持って日々ユーザーと向き合っている人には敵いません。逆に「自分は正解を知っている」と思い込んでしまうことのリスクは計り知れません...

私自身、これまでの経験を振り返ると、セオリーに反してでも自分の頭で考え、本質から問い直したら上手くいった、ということの方が多いです。

とくに日々不確実性に向き合うPMにおいては、
・"ユーザーへの愛"と"プロダクトおよびチームの成長"をどう両立させるかを自分の頭で考え続ける
・思考さえ止めなければ、多少の知識が欠けていてもなんとかなる
という姿勢が一番大切ではないでしょうか。

そのうえで、それらを加速する知識を書籍から得られたら最高ですよね。
私のポリシーは「勧められた本は全部読む」なので、皆さんのバイブルもぜひ教えてください!


\Twitterやってます/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは同じくnoteの書き手の方々に返していきます!✨

圧倒的感謝申し上げます!!!
224

Shoko Suzuki

Product Managerしてます( ・`ω・´) 趣味は健康になること、好物はサブスク型のサービス。特技は人の可能性を信じること。人生最後は教育やりたい。

ビジネス

様々なビジネス関連のnoteを企画・作成したり、素敵なクリエイターさんが作成したnoteを入れています。個人的にはSaaSが好きです。
13つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。