dai@「食彩life」運営中

『食品メーカー営業マンの食に関するブログ』を運営中。👉https://shokusai-life.com 【内容】食品業界のキャリア/食品工場の見学/食品業界情報/食品に関わる試験/食品の表示/食品業界の就活/フードシェアリング

ヨーグルトには、人類の叡智が詰まっている

僕は、仕事柄、様々なヨーグルトを食べる。

プレーンヨーグルト、ハードヨーグルト、ドリングヨーグルト、ソフトヨーグルト、フローズンヨーグルト…

食品メーカーで働いている身として、新しい商品や話題の商品を思わず購入してしまうのだ。特に昨今、乳酸菌の食品原料として可能性が大いに注目され、乳酸菌ショコラ(ロッテ)、乳酸菌入り青汁(世田谷自然食品)などにも使われている。

●関連記事
水、チョコ、青汁…

もっとみる

「食品メーカーの営業マンが分析する食品業界の6つの実態およびトレンド」

どうも。食品メーカーで業務用営業をしている dai です。

食品業界に従事して7年目になりました。大学で食品を専攻していたために、食品について人生の1/3以上の時間を費やしています。

仕事では、食品メーカーの営業として従事しております。NB食品の拡売だけでなく、PB食品の提案・調整など日々行っております。プライベートでは、話題の店や繁盛店、新規トレンドの店に行ったり、食彩lifeで食に関する記

もっとみる

世界の境界はなくなり、情報が溶けている?6年ぶりに行ったタイの変化と焦燥感

2度も同じ国に旅行に行く経験はなかなかないのでは、と思う。

たまたま、6年ぶりに同じ国、同じ場所に行くことになった。その間に僕は、社会人となり中堅の営業マンとなった。幸い、結婚することもできた。

前回行った時は、大学の卒業旅行の一環でした。

2019年のGW、ラオスとタイに観光していた。目的はラオスに行くことで、当初はタイはハブとして利用しようと考えていた。タイは、6年前に旅行したことがあり

もっとみる

世界において日本語の優位性がまだあるうちに…海外に行って異文化交流をしよう。

結論から始める。

日本語の優位性があるうちに、海外に行ってみよう。そこで、出会う現実、世界に直視し、多文化、異文化に触れてみよう。

海外でお酒を飲んでいると、たまに海外の方が興味本位で声をかけてくれる。こちらから話したりする場合もあり、迷惑じゃなければ会話をしてみる。拙い英語ではあるものの、真剣に会話をしてくれる。

2019年のGWは、ラオスとタイに観光していた。

バンコクのバーで友達と飲

もっとみる

令和元年こそ平成からの自分の課題を淡々とやる

3月に30歳になり、4月1日には新元号が発表された。

僕自身、紆余曲折はあったものの食品メーカーの営業マンとして長らく働けている。

参考:さて、どう生きようか?理想と現実の狭間でもがくあなたへ

5月1日、元号が変わる。生まれて初めての経験だ。

新元号が変わる瞬間、日本国内は狂騒の真っ只中にいることだろう。あたらしい元号に変わる瞬間は美しいはずだ。あたらしい時代を想起させ、期待させる。

もっとみる

大型連休の時にクオリティを下げずにお得に旅行する4つの手段

大型連休(GW、年末年始、シルバーウィーク)をどのようにお過ごししますか??

僕は、海外旅行に行くことがあります。妻と行く場合もあれば友達と行く場合もあります。

繁忙期に海外旅行なんて値段が高くて行けない、と思われる方が多くいらっしゃいますが、決してそうではありません。

もちろん、コスパを意識した旅行ではなく、ホテルのクオリティが担保された所に泊まっています。どうしてそのやり方ができる

もっとみる