スクリーンショット_2018-09-15_14

shaderGraphを弄る【unity】

unityは自分にとって、とても楽しいおもちゃになっている。映像もインタラクティブコンテンツもルールを作り自分だけの世界をつくることもできる。2018年のバージョンから追加されたshaderGraphというノード型のビジュアルプログラミング?を使って感覚的にシェーダを作ることができるので試してみた。↓こんな感じ。processingのノード版のイメージ。


基本的な表現から試していきました。メモとして載せていきます。【Unity】初めて『シェーダーグラフ』でシェーダーを学んでみる まとめを参考にさせていただいてます。




















































表現を探りながらアイデアを考えてるときが楽しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。

\(^o^)/大吉!\(^o^)/
2

shomaisshi

@neokokonik

Interaction

processingやunityを使って触っておもちゃを作ろう
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。