ゲーム業界の決算からビジネスモデルを読み解く #20代マーケピザ養成所オンライン

今回は、#20代マーケピザ養成所オンライン9月の課題(初課題!)
「決算書から企業のビジネスモデルを読み解く」
です!

note使い慣れてなくて、苦戦しながら書いてます。。。笑


1. 選んだ業界とその理由

画像1


前回の#20代マーケピザで、シバタさんが「自分の業務に関係する企業の決算書から読むのが良いんじゃない?」と仰っていたましたので、来月、本来業務で開催予定のe-Sports関連で「ゲーム業界」を選びました。


2. 企業の分析(スクエア・エニックス)

1社目はスクエニです。

画像2


スクエニ

増収増益です。利益はYoY+186%で、かなり伸びていますね。


稼ぎ頭であるデジタルエンタテイメント事業を詳しく見ていきましょう。

スクエニ②

HD(家庭用)ゲームは、売上は上がっているのですが、利益はほとんどありません。

ビジネスモデルを因数分解すると、

ユーザ数×ARPU

になるかと思うのですが、ゲームソフトの値段はほとんど決まっているため、ARPUはほとんど上げられません

そこで、ユーザ数を増やすしかない。
が、それも市場を広げられず、ユーザの奪い合いになるため、かなり厳しい。

さらには開発費もかさむため、儲からないビジネスだと思いました。


スクエニ③

そこでゲーム会社も拡張パッケージや課金システムを進め、ARPUをあげようとしています。

スクエニの場合、MMO(多人数参加型オンライン)で、かなり増益していますね。



ただし、これらも既存のHDゲームの延長線に過ぎないため、最近ではモバイルやPCのゲームにも注力しているみたいです。

スクエニ④


HDゲームから、より高利益なMMOやモバイルゲームに上手く移っている反面、残りの2社が注力しているe-Sportsには(決算書では)全くノータッチでした。
おそらく、ドラクエやファイファンなど、e-Sportsとの親和性が低いRPGゲームがスクエニの主力タイトルであるからだと思われます。


3. 企業の分析(カプコン)


2社目はカプコンです。

キャプチャ


カプコンも増収増益で、ゲーム事業でめちゃくちゃ利益上げてました。


カプコン

利益はYoY+150%ほどあります。ゲーム業界、繁盛してますね笑



そして見てください!スクエニと違い、決算書にe-Sportsがバッチリ載ってました!笑

カプコン②


まだ基盤整備の段階であるため(来年度に大きく投資?)、来年度は減益予定ですが、これからe-Sportsで食っていこうという気概を感じます。


課題はコンシューマ系への依存度の高さ

カプコン③

e-Sportsやモバイルコンテンツにも手を出しているのですが、稼ぎの大部分がコンシューマ系です。

コンシューマ系が転けると、一気に減益するので、いかに早く他の食い扶持(モバイルやe-Sports)を創れるか、ですね。


4. 企業の分析(KONAMI)


3社目はKONAMIです。

画像11


画像12


画像13


KONAMIもゲーム事業は増収増益です。くどいんですが、ゲーム業界、本当に儲かっているんですね笑


ただし、KONAMIはゲーム事業について詳細には明かしていないので、詳しことはわかりませんでした。


画像14

決算書を見る限りでは、家庭用ゲームからの脱却に成功し、モバイルゲームやe-Sportsに上手くシフトしたように見えます。

先程の2社はなんだかんだ家庭用ゲームに主軸を置いているようなイメージがあったのですが、KONAMIは対照的ですね。

スポーツゲームにおいて主力なタイトルを持っていたり、スポーツクラブを運営していたりと、e-Sportsとの親和性が高いので、これからもe-Sportsをゴリゴリ押してきそうな気がします。


(KONAMIだけに限った話ではないのですが)遊戯王やスポーツ作品など、既存の主力タイトルに依存しているのが気になりました。


5. 業界の課題と、新規参入

画像15


業界の課題は、「開発費がかさむ、市場を広げられない、客単価(ARPU)はあがらない」家庭用ゲーム市場では儲からないので、どうやって高利益な市場にシフトしていくか


その上で、もし僕がゲーム業界に新規参入するなら、「ハイパーカジュアルゲーム」で参入します。

既存のゲーム会社は主力タイトルを持ち、それらの焼き回しでも稼ぐことができます。

しかし、新規参入なら(当たり前ですが)主力タイトルを持っていないので同じ戦い方はできないです。

そこで、まだ大手ゲーム会社が取り切れていないモバイル市場(市場規模拡大中)で、開発費・開発時間がかからず、グローバル展開が容易なハイパーカジュアルゲームで参入し、広告&課金収入を狙います。


6. 終わりに

決算書を読み解くのも大変だったのですが、noteを書くのに大苦戦しました…

見通しが甘かったです。猛省

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

翔太

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。