9いうf1

バイト探しの極意。Googleしごと検索で「-」を使え。by求人広告関係者



フリーター&学生諸君!!
バイト募集の広告をつくる側だった私が、バイト探しの裏技を公開します。
(企業の皆さまゴメンなさい)

そもそもGoogle しごと検索とは?

グーグルで「バイト 居酒屋」「求人 営業」とかって検索すると出てくるヤツです。


▼居酒屋で検索するとこんな感じ
(https://www.google.com/search?safe=active&q=google+jobs&ibp=htl;jobs#fpstate=tlexp&htiq=居酒屋)

グーグルが各社採用サイトからバイト募集サイトまで、さまざまなお仕事募集サイトを網羅しているんですね。indeedのgoogle 版だと思ってください。(伝わらんか)


▼バイト探しサイトって「いらない情報」多くない?

「なんで事務のバイト探して、コレが出てくるんだ」
「コレ系以外がいいんだよなぁ・・・」
なんて経験ありませんでしたか?

まー、バイト探しサイトって、お金を払ったお店ほど上位に表示されやすい仕組みなので、ぶっちゃけ仕方ないんですよね。

で、このモヤモヤを解決するのが、Googleしごと検索なんです。


▼本題:「-」を使うと、見たくない情報を省ける。

Googleの検索で「-」が使える人なら、スッと理解できると思います。

この「-(マイナス)」を使うと、そのあとに続く単語が含まれる検索結果を省いてくれるんです。

例えば「日雇いのバイトしたいけど、軽作業じゃないなぁ」というとき。

Googleしごと検索で「日雇い -軽作業」と検索。

すると、検索結果から軽作業のバイトを取り除いて表示してくれる、という機能です。

(軽作業のバイトいいよ!応募して!こまめに休憩あったり、予定より3時間も早く終わったても日給は1日分もらえたりするところもあるから!ビックリするほど楽な現場もあったりするよ!)

▼「日雇い」で検索した場合
https://www.google.com/search?safe=active&q=google+jobs&ibp=htl;jobs#fpstate=tlexp&htiq=%E6%97%A5%E9%9B%87%E3%81%84

▼「日雇い -軽作業」で検索した場合
https://www.google.com/search?safe=active&q=google+jobs&ibp=htl;jobs#fpstate=tlexp&htiq=%E6%97%A5%E9%9B%87%E3%81%84%E3%80%80-%E8%BB%BD%E4%BD%9C%E6%A5%AD


※実はindeedでもできるよ!試してみてね!


▼結論:Google しごと検索でバイト探し捗る。

業界名、地名、ブランド名、仕事名、店舗名など、自分にあわないと思う検索結果を省いてググれるので、お仕事探しが捗ります!

でもアレですよ?意外な出会いがあるから、バイト探しサイトも使ってね?想像を超える出会いがあるかもよ??


★おまけ:オウンドでの採用のご相談、大歓迎です

採用担当の皆様。採用広告・販促広告・採用ブランディングのご相談大歓迎です!お気軽にコメントください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

しょーたむ。@元ニートが採用を学びなおす

元ひきこもりニートが採用広告クリエイターになって早6年。ぶっちゃけ伸び悩み中だし、最近は採用より販促がメインになってきたので、改めて採用を学びなおすゾっ!「採用も販促もまるっとあわせて、人と会社の良い関係づくり」ができないかと試行錯誤しています。 ※会社にはナイショだゾっ☆彡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。