見出し画像

ぼくは腸と生きている #2

1ヶ月ごとに増える下血

2017年11月

10月に下血が出てから1ヶ月がたった頃、お手洗いを行く毎に下血の量が増えていきました。

腹痛の頻度も1日2〜3回だったのが、1日6回ほどに。その半分は下血していました。

体調もあまり良くなく時々微熱が出て身体のだるさがずっと残る感じがしました。

外食する時はお手洗いマークがどこにあるか気にするようになったのもこの頃でした。

大腸の内視鏡をしなかった後悔

2017年12月

12月に入るとお手洗いの回数も1日7〜9回に増え毎回下血するようになりました。さすがにおかしいと思い地元の病院へ。

病院では下血の事も体調がよくない事(微熱がずっと続いているこ)を伝えました。

その時は腸の風邪薬と腸の炎症を抑える薬(名前忘れました)をもらいました。

医師に「2週間後にまたきてください。これで症状がいい方向に進まないのであれば大腸の内視鏡をしましょう」と言われました。

症状は2週間経ってもよくなりません。どちらかと言うと症状が悪化したような気がしました。

それは3日に1回高熱が出るようになりました。ですが、12月で年末に入るので病院には行きませんでした。

年末年始はこの体調の悪さでも実家に戻り、「焼肉」「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」「ケーキ」「お好み焼き」「ビール」などたくさんの美味しいものを食べて呑みました。

レストランのバイキングにも行ってお腹が破裂しそうなぐらい食べました。

なぜか実家にいる時は体調も悪くなくお手洗いにも5〜6回ぐらいでした。

でも、下血は毎回出ていました。

2018年から始まったどん底人生

2018年1月

年末年始の休みも終わり実家から家に帰ると体調が一気に急変しました。お手洗いの回数は1日に10回以上。

毎回下血が出る。2日に1回襲ってくる高熱と全身関節痛。体が痛すぎて歩くこともできませんでした。

ぼくはその頃、彼女と半同棲をしていたので、ずっとそばに彼女が居てくれて支えてもらってました。

食事、お風呂、お手洗い、歩く時も。彼女は仕事があるのにずっと夜中までぼくの看病をしてくれていました。

彼女がいなかったら何もできない状態でした。僕はそれでも病院にいきませんでした。

行かない理由があったのです。それは2月に迫っていたボランティアでやっているラジオ番組のライブイベントです。

このライブイベントは僕が「やりたい!!」と言って開催することになりました。

出演していただけるアーティストのみなさんも2017年10月から準備をしてくれていて、とてもじゃないですがここで僕が抜けれる状態じゃありませんでした。

今回はここまで

1000文字を超えたので今回はここまでです。1000文字ちょっと読んで頂きありがとうございました。また続きは書かせていただきます。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

===============================
Instagram
https://www.instagram.com/syokuzi_record/

Twitter
https://twitter.com/syotakatoh

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCU_QrrSqxlbaXcJQODd5UdA/videos

FC2(過去記事)
https://shotakatoh.fc2.net/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

しょうた (潰瘍性大腸炎2年目)

11年間野球一筋でした。2018年3月14日潰瘍性大腸炎発症(全大腸型 2年目)Webディレクター、Webマーケッター👨‍💻noteにて「ぼくは腸と生きている」公開中。「西野亮廣エンタメ研究所」「尾原のオンラインサロンハック」「中国トレンド情報」入会中。

ぼくは腸と生きている

2018年3月14日に潰瘍性大腸炎発症(全大腸型) 難病になった僕の人生を書いていきます。 少しでも同じ病気の方や難病を持っている方の心の支え、そして、潰瘍性大腸炎という病気がどれほど辛いかを知っていただけたら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。