"10秒でわかる!"を作るための、グラフィックレポート活用について考える。~あたらしい経済をお借りして~

幻冬舎さんのwebメディア、あたらしい経済のグラフィックレポートを始めてみました。

2、30分もある配信は、毎朝きちんと聴くにはちょっとヘビー。
でも、10秒で理解できる方法があるんです。

…そう、iPadならね!!!

絵や図の力で「分かりやすく伝える」を作るグラフィックレポートを使って、難しい情報を分かりやすくまとめるには?に挑戦してみました。

配信内容も、まとめる過程もものすごく楽しかったので、作りかたをシェアしておきますね。

マガジンの仕様で有料表示となっていますが、【全編無料】で読めますのでどうぞお気軽に。


描きはじめた理由は、「なんとなく面白そうだったから」…

Twitter(sonecco_bot)にて、とりあえず一週間続けてみます。
毎朝お付き合いいただけると嬉しいです。


(作ったのはこちら!)


以下、作りかたのご紹介です。

1まず、キャンバスのサイズを決める

webサイトやSNSでの検索結果からみるに、「あたらしい経済」をフォローしている層は「感度高めの社会人・大学生」?

情報収集に時間はかけられなさそう
→あまり長いコンテンツは読みたくない

情報との接触点はPC?スマホ?
→スマホかなあ…?と思ったので、コンセプトを「通勤中にさくっと読める、スマホ新聞」に。

ということで

・キャンバスの大きさは、iPhoneサイズの縦画像
・文字は拡大が必要なサイズでOK
・一枚の画像に情報を詰めこむ
(複数枚になると、読む面倒くささを感じさせてしまいそう)

の方針を決めました。

どのデバイスに最適かするか(iPad、iPhone、PC)を決めたら、細かいサイズはこういったまとめサイトで確認しています。


2 カラーを決める

背景が濃い色だったりすると工程③に影響が出るので、全体の色ははじめに決めておきます。

配色は「あたらしい経済」のwebサイトに合わせて、白を基調に。

「あたらしい経済」公式サイト(https://www.neweconomy.jp/)より


3 大まかなデザインを決める

ロゴを配置する場所、情報のかたまりをどうやって配置するかを決めていきます。

リアルな新聞のようにきちっとまとめてしまうと、どうしても堅苦しい=面倒臭そうなまとめになってしまうので、配置はランダムに、雰囲気はなるべく柔らかくなるよう、余白を持った画像にすることを心がけました。

<<注意!>>
これはファンアート(お金をもらわず、個人的な楽しみのために描いたもの)なのでセーフだと信じていますが、お仕事で他社のロゴや他人のキャラクターを書く際は、あらかじめ権利関係の確認をしておく必要があります。


4 文字をつめていく

このニュースは結局何が言いたくて
この動きがあったことで私たちの暮らしはどうなるの?

をまとめていきます。

まとめる際にいつも注意しているのは、
・伝えるべき情報は?のテーマを明確にする
・話者が話していないことは書かない
(補足は、補足であることを明確にする)
・読む人が知りたい情報を記載する

です。

グラフィックレポーターのお仕事は、コンテンツありき。
コンテンツには最大限の敬意を払いたい、と日々思っています。

適当なまとめを書く=話者が意図していなかった結果を生んでしまうことがあるので、自分で理解していないことは書かないようにしているのもその一環。

たとえば、太字なのは意味がわからなかった単語たち。
末尾につけたweb記事を参照して、意味を明確にしたうえでまとめています。

※こんな工程を踏んでいるよ、ということを伝えるために並べてみました。鬼のように読みづらいと思うので、飛ばしていただいて大丈夫です。


1)Huobiが日本でビットトレードの名前を変更し、年内サービス開始に意欲 
2)BitGoSouth Dakotaデジタルアセットの正式なカストディアンとして任命される 
3)モルガンスタンレーがビットコイン・スワップサービス提供か 
4)Uberの共同創立者ステファン・エンリッチVoyager Digital Holdings機関投資家向け仮想通貨仲介業務を開始 
5)ビットバンクのiOS向けアプリがバージョンアップで生体認証に対応 
6)韓国でリップルのフィッシング詐欺摘発、日本人も共犯か? 
7)政治コミュニティアプリを作るPoliPoliが、沖縄県知事選挙でのキャンペーンを開始 


太字の多さよ


5 清書、イラストを書く、全体調整

3で決めた配置をもとに、4でピックアップした文字を当てはめていって、バランスを調整していきます。

文字の大きさ・太さは情報のレベルごとに揃えて…

吹き出しは直線に寄せていたのですが、最終的にはふにゃっと。
その分、見出しの数字を直線的にしてメリハリをつけました。

3.のスワップサービス はなかなか噛み砕けなくて、図は5種類くらい書き直しました。投資、勉強しよう。

と、これにてひとまず完成!

ただ、イラストは可愛すぎないか(もっとスタイリッシュにした方が目をひく?)、背景は白よりグレーがからせた方が目に優しいか…などなど、気になった箇所はたくさんあります。

引き続き実験しつつ、ベストな答えを探していく予定です。


6 雑感

約20分の音声配信、作業時間は5時間をみていました。
結果、かかった時間は約5時間(ぴったり!すごい)。

…なんて、本当は調べもの含め7時間かかっています。
朝、一枚(本レコ①)
昼、一枚(本レコ②)
午後はずっとこちらの画像に費やした一日…

嘘みたいだろ…アラサー女子の休日なんだぜ…これ…

とはいうものの、久しぶりに食事を忘れて没頭できる楽しいまとめタイムだったので、今日の夜も果敢に挑戦したいと思います。


「あたらしい経済」さん、学び多いコンテンツをありがとうございます〜!

最新の記事と音声配信はこちらから確認できます(公式)


グラレポ、してみる?

こんな感じの「グラフィックレポートの作りかた」が毎週1、2回届く月額マガジンを配信中です。

初月無料なので、ぜひぜひ試し読みから。

コンテンツも模索中なので、リクエストがあればお声かけください。
喜びます。

また、マガジン購読者のみなさま向け、今回のレコの「言葉選び」を解説した記事を鋭意作成中です。

今週中の公開を目指して編集中なので、あたたかく見守っていただけると幸いです〜!

この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

"10秒でわかる!"を作るための、グラフィックレポート活用について考える。~あたらしい経済をお借りして~

なかそね ことみ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、グラフィックレポートを広めるために使わせていただきます。2019年は全国へ…!

はげみます!
18

週刊グラフィックレポート

グラフィックレポーター活動の試行錯誤記録です。お仕事、営業などを通して試したこと・思ったことを書いています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。