イケハヤさん、収益をうむ方法を教えてください!自分メディアの達人にお話を聞いてきました #十和田メディア研究部 (後半)

青森県・十和田市にて、メディアの育て方を学ぶイベントに行ってきました!

ということで、note後半です(前半はこちらから)。

後半では、プロブロガーのイケダハヤトさんからフォロワーの大切さとメディア収益化の方法の説明や、ブログハックあふれるQ&Aの時間が。


フォロワーが多ければいいわけじゃない、とは言われるけれど・・・

イケハヤさん曰く、フォロワー数は影響力の目安になるため、多いに越したことはないんだとか。

フォロワーを増やす方法について

自分をキャラクター化する、はじめはマネから入っていいなどの金言があふれていましたが、いちばん心に残ったのは

誰かのオススメは世界をよくする!!

でした。高速道路の疲れないルート、アケビの種が苦くて焦った時の対処方法などなど、

自分の困ったこと+解決した経験を、誰かに伝えるためにブログを書くといいよ、とのこと…優しいかよ…


イケハヤさん、メディアで収益を生む方法を教えてください(直球)!!!

それはね…

そのほか、イベントの開催も手段のひとつ!とのこと


最近話題の「トークン」についてもちょっとだけ

ちょっと難しいかも…の前置のあと、「トークン」=仮想通貨的なもの、についての説明も。

現在、ブロガーの集まる「ブロガーズギルド」というコミュニティを運営しているイケハヤさん。

コミュニティの中で、イーサリアムという仮想通貨を用い「コミュニティのなかでお金が流通するしくみ」を作っているのだそう。

(頑張った人に投げ銭!のような使い方)

例えば、KOUmintのように、コミュニティの中のみで使えるトークンやポイントの流通量が増えてきたとして、

コミュニティの内部だけで生活が完結するほど、コミュニティで「もの」を生み出すことはできるの?(コミュニティって、第3次産業的なイメージ)
価値を持つ主体は個人なの?集団なの?(リーダーが「やめます」って言えば、集団ってすぐなくなりそう)
個人が価値を持ったら、コミュニティの通貨と価値のねじれが生まれない…?

などなど、いろんな疑問が湧き湧きの時間でした。


終わりに:効率化のハンパなさを見たQ&A

ブロガーとしてのライフハックが、すごい・・・

そして、話題は未来のことに。

たくさんワクワクする話をしておられたのですが、"空飛ぶイケハヤさん"のインパクトが強すぎて、あとは記憶があいまいです

「車を運転している間に、未来のことを考えたりするんですよ」
「5年後のことはなんとなく分かる」
「10年後のことも、もしかしたらわかってる人がいるんじゃないかな」

「10年前はスマホなんてなかったわけですし、これからどんなことができるようになるのか…考えただけでワクワクしませんか?」

テクノロジーがわたしたちの生活を超高速で変えていくなか、おもしろいものを作り出す側として、イケハヤさんは常に楽しんでいるみたいです。


ちなみに:ワークショップでいちばん記憶に残ったもの

本イベントはワークショップの形をとっており、講師のトーク後は、5、6名のグループで

・作りたいメディアについて
・メディアのコンセプトは?
・ターゲット=どんな人に読んでほしい?
・こだわりたいポイント=デザインなど

を話し合い、発表→講師の3名からコメントを受ける、という場がもうけられました。

自己紹介からはじまり、それぞれがメディアでPRしたいもの、届けたい人についての想いを語ること…

当初予定されていた時間には収まりませんでしたが、時間はいくらあっても足りない気がするので、適切なタイムテーブルだったかな、と思うなど。

事前にSNSで知っていた人の発言をふむふむ聞いたり、初めましての方のお話を「へえーーーー!」連発で伺ったり。

(夜、お酒を飲みながらきゃっきゃ話したら面白かったに違いない、と思いつつ、東北新幹線でしっかり東京に帰ってきております。)

びっくりしたのが講師陣がとても親身にコメントを返していたことで、

・このアイデアのいいところ
・伸ばしていけるポイント
・こんな切り口はどう?の提案

などなど、「おもしろいことできるかな?」「こうやったらどうだろう!」の姿勢を見せていただくことができました。

一番の学びは、ものごとをポジティブに肯定して、どうやったら楽しく実現できるか?について考える姿勢だったかもしれません。


次回は8月25日開催!
waseiの伊佐知美さん、ハコミドリの周防苑子さんをお迎えしてのイベントとなります。楽しみ。

---------------------------------

dripのお二人のトークもぜひ!
前半はこちらからどうぞ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、グラフィックレポートを広めるために使わせていただきます。2019年は全国へ…!

嬉しい〜!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。