グラフィックレポート本番。一体何をメモすればいいの? #グラレポの教科書 4

今回は、2 グラフィックレポート本番 を説明します。前回までの記事は、もくじのリンクからご覧になれます。

もくじ

はじめに
グラフィックレポートとは

1 グラフィックレポートの下準備
  そもそも、なにをまとめたいのか?完成形から工程を逆算しよう
(1)話のテーマを知る
  ①イベントなら、まず開催概要をチェック
  ②会議ならアジェンダを、わからなければ人に聞く
(2)話し手について調べる
   テーマについて、その人が喋りそうなことを知る
  ①まず、ググる
  ②インタビューを読む
  ③話し手のSNSを確認
  ④著作を読む
(3)届けたい人を想定する
  ①そもそも誰に読んでほしいまとめなの?
  ②読んでほしい相手に、情報を届けるための検索術
  ③届いた情報に目を通してもらうために、「自分ごと」化しよう
(4)問いを立てる

2 グラフィックレポート本番
(1)話の中から、答えを見つける
(2)答えに使う文言の選びかた
(3)まとめる際、やってはいけないこと
  ・憶測で書いてはいけない
  ・事実と主観を混ぜてはいけない

3 デザイン編
(1)画像の大きさを決める
(2)レイアウトについて
(3)文字
(4)配色について
(5)イラストの描きかた

あとがき


2 グラフィックレポート本番

グラフィックレポートの本番では、立てた問いをもとに答えを探していきます。

くり返しになりますが、私たちがその場で記録できるのは、聞いた話のうち1割だけです。手当たり次第に記録し、未整理のままの情報を大量に発信するだけでは、

結局、なにが大切なの?
文章多いな…
読むの疲れる!
→読まなくていっか。

と思われてしまうため、必要な情報を伝えるには、「情報をそぎ落とす」ことを意識しながら、立てておいた問いをもとに、問いへの答え、答えの補足情報(あると分かりやすい説明)を体系立てながら記録していく必要があります。

この続きをみるには

この続き:3,308文字
記事を購入する

グラフィックレポート本番。一体何をメモすればいいの? #グラレポの教科書 4

なかそね ことみ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、グラフィックレポートを広めるために使わせていただきます。2019年は全国へ…!

はげみます!
4

週刊グラフィックレポート

グラフィックレポーター活動の試行錯誤記録です。お仕事、営業などを通して試したこと・思ったことを書いています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。