育てよう発信力!自分メディアの達人にお話を聞いてきました #十和田メディア研究部 (前半)

青森県の十和田市を知っていますか?

・CGのような絶景・奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)がある
・ニンニクの生産量が日本一
・あと、市役所に目を疑うレベルの男前がいる

夢のような場所です。

2月に行われた「灯台もと暮らし」さんのイベントがきっかけで、いつか行きたいと思っていた十和田市。

なんと、プロブロガーのイケダハヤトさん、ハイセンスメディア集団の(株)dripから、代表の堀口さん平岡さんが登壇するイベントがあるよ!

という情報を手に入れたので、えいやっとお邪魔してきました。
(ハイセンスメディア=勝手にそう呼んでいるだけです)

2月のイベントの記録、右上が十和田市です


ハッシュタグは #十和田メディア研究部 
ツイッターもぜひ!


さっそく本題、「情報発信」する力って、どうやって磨いていけばいいですか?

もともと、Yahoo!で働いていた堀口さんと平岡さん。
一つの広告で、数億円(!!!)のお金が動くのを見ているうち、これは個人にもできることがあるのでは・・・?と思い、情報発信を始めたのだとか。

現在では、前述のハイセンスメディア集団=dripを立ち上げ、個人の発信力を生かしたサービスを手がけています。

話題は、「すごい発信者が蓄積しているあるもの」の説明に。

これを貯めてます!

ファンはこうやって増えていく、のグラフ
(わかりやすくて震えました)

最初から上手な記事は書けないし、自信満々にふるまうことはできないけど

まず始めてみて、蓄積が生まれれば自信もついてくるはず!!

の言葉が胸に響いた〆でした。

そうそう、コレコレ

と、いつもの通り長くなったので、イケダハヤトさんのお話は後編に続きます。


▽後編はこちらから

---------------------------


ここから雑感

ちなみに、お二人のトーク力がすごくて、お話を聞きながらのまとめが楽すぎたことに驚いています…

グラレコするときには、話を聞きながらテーマや結論を拾って、体系的にまとめて、絵を描いて…という、わりと脳みそを酷使する作業をしているのですが、今回は、拍子抜けするほどまとめるのが楽で!

ファシリテーター(お話の筋道を整理する、司会のような聞き手のような、相づちを打つ係の人)要らずの、さすが「伝える」プロだなあと思いました。

話の流れを
「今から、発信力があるとどんないいことがあるかについて話しますね」
「発信力があると、こんないいことがあります」
「例えば、アイスマン福留さんの場合…」

というように、
①テーマの提示
②答え
③具体例などによる答えの補足・解説
が体系的に組み立てられていて、鬼のようなわかりやすさ。

わたしも頑張ってマネしよう〜!と思った次第です。


宣伝:グラレコとiPadについて興味がある方向けに日々つぶやいています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、グラフィックレポートを広めるために使わせていただきます。2019年は全国へ…!

しあわせ!
8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。