図1

(株)ショーケース startup studio部長・大熊祐太が考える“ゼネラリストとスペシャリスト”

ゼネラリストとスペシャリスト。「どちらを目指すべきか?」というのは、誰もが1度は考えたことがあるのではないでしょうか。そこで今回は、(株)ショーケースの大熊祐太(おおくま・ゆうた)さんに、ビジネスにおける立場やキャリアの築き方についてお話を伺いました。

インタビュアー:今日は、大熊さんにビジネスにおけるご自身の立場の考え方やキャリアの築き方について伺いたく思います。よろしくお願いします。

大熊:よろしくお願いします。

インタビュアー:現在、大熊さんはいくつもの新規事業に携わるstartup studioの部長として、多種多少な業務をこなされている印象があります。どのようにして、今のようなゼネラリスト的な立場になられたのですか?

大熊:自分自身としては、ゼネラリストというよりは“何でも屋”のような立場だと思っています。でも、これは自分が何でもできるという意味ではありません。ビジネスに限ったことではありませんが、世の中は自分ではできないことで溢れています。だからこそ、それぞれのプロと一緒に物事を進めていくことが必要で、その先に成功があるのだと思います。僕としては、個人やチームの夢をサポートしながら、一緒に実現していける立場でありたいですね。

インタビュアー:ある意味、司令塔的な役割とも言えるかもしれませんね。でも、司令塔であるためには、それぞれの分野での知見が必要かと思います。そういったスキルやノウハウはどのように身につけられたのですか?

大熊:実は、これまでのキャリアであらゆる職種に携わってきたという経緯があります。学生の時にコードを書き始め、新卒では技術職寄りの仕事に就きました。ところが、社会に出てみて世の中には天才がいるということを実感し、エンジニアとして1番にはなれないと感じました。だったら、違う道で行こうと、そこからは営業の仕事をするようになったのですが、開発側の経験があったことから、自ずと営業と開発の間に立つ機会が増えていきました。ディレクション側に回ることもあれば、アプリやサイトの運用側に回ることもあり…気がついたら、今のような“何でも屋”のようになったという感じです。

インタビュアー:なるほど。では、最初からゼネラリストを目指していたというよりは、いろいろと経験していくうちにご自身にフィットする立場が見えてきたという感じなのですね。でも、毎回やることが変わる状況に不安は感じなかったのですか?

大熊:最終的にやるかどうかは自分自身で決めていたので、不安はなかったですね。振り返っても、非常に良い経験でした。チームをまとめ、ディレクションするという立場は、そのジャッジ次第で結果が大きく変わるため、責任の重い仕事だと思っています。でも、その分、裁量を持って自分自身で旗を振って進めていけることのやりがいは大きいですし、成功した時に仲間と一緒に喜べるのも大きな醍醐味です

インタビュアー:ゼネラリストかスペシャリストか、というのは多くの人が一度は考える問いだと思うのですが、大熊さんはこの2つについてどうお考えですか?

大熊:キャリア形成をしていく上では、市場と自分の特性/能力を理解して、ゼネラリストとして進むかスペシャリストとして進むかを意識していくのが良いかと思います。
市場というのは、広義では社会全体、狭義では会社内等と思っていますが、「明らかにこの役割の人(特定のゼネラリストor特定のスペシャリスト)が市場で足りていない」と判断できれば、そこでポジションを築いていくのが有効かと思います。僕自身も、サービスを作っていく時と同じように、自分を商品と見立てて、ポジショニングマップを作ったこともありました(笑)。
特性/能力の話は長くなりそうなので割愛しますが、僕の場合は、ただただ70点から100点に上げる労力がしんどいなと感じ、縦に突き抜けるよりも横に広げる選択肢を取りました。

インタビュアー:単純にどちらかに絞るというよりは、市場ありきという点に納得しました。ゼネラリスト・スペシャリストに限らず、ご自身としては今後どうありたいとお考えですか?

大熊:何でも屋でありながらも、サービスの作り手ではあり続けたいと思っています。作り手と言っても、開発やデザインなどの制作をする立場ではありませんが、直感的に「好きだ」と思えるサービスに携わっていたいです。僕は性格的に理屈っぽいところがあって、普段は理由や根拠にまで落とし込まないと納得できないタイプなんですが、だからこそ直感的に「面白い」と思える気持ちも大切にしたいと思っています。ある方がインタビューで、「理由が説明できる好きは好きじゃない」ということを言われていて、なるほどと腑に落ちたことがあって。サービスを作る時には、そういう直感的な感情も大切にしていたいです。

坪井:プロダクトを作る時って、バランスが重要ですよね。一点に集中できるような感情的な熱さが必要な一方で、プロダクトを客観的に見て線や面に広げていける冷静さも必要かなと…。

大熊:そうですね。どちらのタイプもいてこそ、成功へと導けるのだと思います。やはり、“好き”という作り手の熱い気持ちは、サービスを通じてユーザーに伝わります。ただ、サービスを存続させていくためには、成長曲線を描くための戦略や座組を冷静に考えられる人も必要です。両方いて初めて、成功するものだと思いますね。

インタビュアー:大熊さんは熱さと冷静さをバランスよく持っていらっしゃいそうですね。ショーケースでは今年から第二創業を掲げていますが、その点についてはいかがですか?

大熊:第二創業ということで、今、社内にはチャレンジしていこうという空気感が流れていると思います。僕自身もstartup studioとしても、その波に乗り、失敗を怖がらずに主体的に新しいことへチャレンジして、しっかりと成果に繋げていきたいです。

インタビュアー:組織の中で自分自身がどうあるかというのは永遠の課題だと思いますが、大熊さんのように自分の中に軸を持っていれば、不安になったりブレたりすることがないのだなと感じました。ありがとうございました。

大熊:ありがとうございました。

♦︎プロフィール
大熊祐太(おおくま・ゆうた)
株式会社ショーケース startup studio部長。2017年4月入社。 趣味はフットサルで、ショーケースのフットサル部に所属。
(株)ショーケースの社員インタビューは以下よりご覧いただけます。https://recruit.showcase-tv.com/

取材・文/坪井安奈

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

株式会社ショーケース

株式会社ショーケースの公式note。 会社の「これまで」と「これから」を綴るノンフィクション小説「OLD ROOKIEs あたりまえを創る、あたりまえじゃない道のり」を毎週1話、公開中。 https://www.showcase-tv.com/

働く人インタビュー / SHOWCASE解体SHOW

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。