平成最後の日

今朝、朝食を食べに近所の定食屋に入ると、テレビでは譲位関連のニュースをやっていた。そうだ、今日で平成も終わるんだ。新聞のテレビ欄を見ると、どの局も朝から晩まで譲位関連の特別番組がズラッと並んでいる。

昭和から平成の代替わりと違って、生前譲位という形式だから、祝賀ムードのなか改元を迎えられる。これはとてもいいことだと思う。

平成元年を迎えたとき、ぼくは10歳だった。平成という時代に30年を生き、今は不惑の年。新しい時代になるからといって、劇的に何かが変わるわけでも、特別なことをはじめるわけでもない。まだまだ惑い惑わされてばかりの人生が続くのだろう。

何だか最近は惑うことも受け入れられるようになってきた。不惑になれなかったら小惑でいい。そんな開き直りもある。学校には行っていないけど、何かを吸収したい意欲はまだまだあるつもり。

今日はとくに予定はないけれど、何だろう、街に繰り出して誰かと会いたい気分。ひとりだし、雨だけど、今日は朝まで飲むつもり。平成と令和に乾杯。


#ライター #エッセイ #コラム #平成 #令和 #平成最後の日



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

まだまだがんばります!
7

ノブアキ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。