SceneKitのライティングモデルのドキュメントを改めて読む

なんとなく使ってるところをちゃんと確認したい。まずこのSCNMaterial.LightingModel。ARKitだったら.physicallyBasedかな、ぐらいのなんとなくさで指定している。デフォルト値も把握してない。マテリアルの他のプロパティやシーン内のライトとの相互作用も把握してない。

このページにこういう図があった。

パッと見て「注目すべきポイント」がよくわからない。Physically Basedはライトが反射してるように見えるがそれがポイントだろうか?そもそもこのモデルだけ色が付いてるのはこの反射がよく見えるようにするため?

このページだけだとよくわからないので、各型プロパティのリファレンスを見ていくことにする。(SceneKitではよくある、"No overview available."が出てくるかと恐る恐る開いたが、ちゃんとしっかり情報が書かれていて安心した)

この続きをみるには

この続き:2,732文字
記事を購入する

SceneKitのライティングモデルのドキュメントを改めて読む

shu223

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

shu223

フリーランスiOSエンジニア兼サンフランシスコのFyusion社勤務。 著書に「iOS×BLE Core Bluetooth プログラミング」「iOSアプリ開発 達人のレシピ100」。GitHubで「iOS Sampler」シリーズ他さまざまなオープンソースを公開している。

日々の学びメモ

技術的なメモ、思いついたアイデア、考えたこと、お金の話等々、頭をよぎった諸々を気軽に垂れ流していきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。