今回の #技術書典6 の売り上げ皮算用

明日の技術書典6は2冊の新刊と2冊の既刊を販売します。「け13」です。

前回の振り返り記事によると、

・昨日一日の売り上げは約46万円
・粗利だけで33万円

という感じだったらしく、またさらにその前の回(初参加時)は売り上げ18万円だったとのこと。

なんとなく直観として、今回の売り上げは前々回以上、前回以下かなと思っていて、理由としては以下:

・新刊を2冊出すが、どちらの書籍もテーマが前回の新刊のテーマであるARKitよりニッチで(→数が出ない)、合計ページ数も少ない(→価格半分)
・既刊も大幅加筆した新版として販売するが、あまり部数は期待できない(前回実績だと半分以下)

この直観を「これぐらいは売れるだろう」と具体的な部数にして、ざっくり計算してみました。

・Metal入門 製本・電子セット: 2,000円 * 20 = 40,000
・実践ARKit 製本・電子セット: 2,000円 * 30 = 60,000
・macOS本: 1,000円 * 50 = 50,000
・Depth本:1,000円 * 50 = 50,000

これで合計20万円。今回は結構印刷にコストかけたので、これぐらいだと原価とトントン程度。悲観的すぎるか?しかし既刊、しかもお値段がわりと高めの本が20セットとか30セットぐらいしか売れない、というのはわりと現実的なラインだと思うんだよなぁ。。

あと、macOS本は「iOSエンジニアのための」ってわざわざ対象を絞ってるし、デプスも超ニッチなテーマだし、ってことでたくさん売れるイメージが湧かない。

嬉しい誤算があるとすれば、ARKit本はまだ需要があるかもしれない。50セットぐらいいくかもしれない。

あと、macOS本、Depth本は新刊ということで、それぞれ100ぐらいはいくかもしれない。

この嬉しい誤算ベースで計算すると、

・Metal入門 製本・電子セット: 2,000円 * 20 = 40,000
・実践ARKit 製本・電子セット: 2,000円 * 50 = 100,000
・macOS本: 1,000円 * 100 = 100,000
・Depth本:1,000円 * 100 = 100,000

合計34万。これぐらいいったら大満足だな。。

一応宣伝

販売する書籍の詳細は以下のBOOTHのページにあります。※今回販売する製本版はいずれもまだBOOTHでは販売していません

第3版、Swift 5対応、全136ページ

第2版、Swift 5対応、全118ページ(前版は92ページなので約30%の増量!)

新刊

新刊

ブースは「け13」の「堤and北」です。ひやかしでも嬉しいのでぜひお越しください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

shu223

フリーランスエンジニアの働き方シリーズ

フリーランスエンジニアとしてどんな感じで働いているか、実経験に基づき色々と書いていきます。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。