見出し画像

すべての人の思いを背負い、自分の想いを一瞬に込める。だから高校野球は最高なんだ。

先日静岡に帰省した際に、夏の甲子園大会の地区大会を観戦した。

元高校球児ということもあり、毎年夏になると1試合は生観戦する。

やはり忘れらないのだ。今からもう6年が経つというのに。


チームのための勝利のために好球必打でバットを振る。


チームのために、腕をおもいっきり振ってボールを投げるピッチャー。


吹奏楽の音色。

グランドのにおい。

観客からの歓声。

クラスメイトからの声援を背に打席に向かう君には、どれぐらいの力が込められているのか。計り知れないだろう。


誰かも知らない人から応援されるあの瞬間。

あれから6年が経ってしまうのだけど、僕はあの瞬間を一生忘れない。


クラスメイトが自分の名前を必死に叫ぶ。

それに応えようと、僕がヒットを打ったとき。

一緒になって喜んでくれる姿をグランドから見ると、涙出ちゃうよ。


野球は僕の中では人生と一緒だ。

誰かを応援する。応援してもらうために頑張る。

応援できるということはその人の心が広いということ。


野球から僕が教わったこと。

将来、女の子ができたら、野球部のマネージャーになってほしい。

無理にはさせないけど、それが自然になるように。

僕の欲張りな願い。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
4

Shu Ohba

日常生活を切り取って自分の想いを綴る。 【繋がり探求家】 として人と対話しています。

#週1note (vol.3) 全メンバーのnote

「#週1note」の企画に参加している40人ほどのメンバーの書いたnoteを集めたマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。