クラウドファンディングで人生が変わったというお話。

Senshi Japan tourが終わりました。楽しかった。

去年の12月5日にツイッター経由でAdamにDMを送ってから、一日も途切れることがなく、毎日Skypeでチャット。本当に毎日。
彼らが日本に来るまでの、約10ヶ月、毎日。もう一回言うけど、本当に、毎日チャットしてた。

だから日本に来ている間に、10ヶ月ぶりにSkypeを開かなかった。

日本に来てしまえば、本当に一瞬で帰ってしまったな。もちろん毎日が濃かったし、15日間帯同したのでいろんな面白いことや発見があったけど、それでも一瞬だった。

彼らはもちろん幸せ者だ。
そして、この15日間で人の夢が叶う瞬間に何度も何度も遭遇した。

いろんな人が、おめでとう、また来てね、ありがとう、と彼らとコミュニケーションを取っている横で話を聞くのがたまらなく幸せだったし、これは俺だけの特権だとも思って話を聞いていた。

本当にいろんな人と新しく出逢うことができた。

今回のツアーは、各箇所、俺がAdamにコンタクトを取る前から繋がっていた人たちを中心に、イベントを組んでもらった。

名古屋・大阪は、斬る'em ALLのつづきともみさんを中心に。
京都は、JFR/5PM Promiseで活躍するYanchi さんに。
仙台は、ジャイコナイトセンダイのネモトさんを中心に。
渋谷は、ROAを中心に。
追加公演の府中はFlightのまさしさんに声をかけてもらってONEDROP ROXXのTAKAさんを中心に。

みなさま本当にありがとうございました!
全公演、これでもかってくらいに楽しい一日になりました!
Senshiメンバーも日本人みんな演奏うますぎ、かっこよすぎ、とただただ驚いていました。

特に、Senshiが日本でバズった一番最初のきっかけはやんちさんのツイートからだったので、今回、Senshiとやんちさんが実際対面する瞬間は本当に嬉しかったです。

これが"Senshi"の日本での始まりのツイート。

このほかにも、CDジャケットを描いてくださったMactoonsさんMeizさん、INDOOR DONさん。
今後、ROAでも是非描いて頂きたいクリエイターとも繋がることができました。(勿論、お会いしてない中でも上記の方々のお知り合いの方が作品に参加してくれてます!)

そして、演者では、葉隠、HARD BEAT、DJダイノジ、NINETY-Uさん、DJ SHORT ARROWさん。

ジャンル飛び越えて素晴らしい演者さんとも繋がることができました。
葉隠は本当にただの兄貴。連絡とった翌日会ってますからね!HARD BEATもVerさんはじめ、Senshiが来日する前からROAのライブにも本当に沢山遊びに来てくれましたし実際共演することもできました!DJダイノジ大谷さんはクラウドファンディングが始まる前から気にかけてくださって、ファイナルにもご出演快諾してくれて、クラウドファンディング自体にも多数参加してくださいました!NINETY-Uさんは福岡から、DJ SHORT-ARROWさんは函館からツアーファイナルは駆けつけて頂きました。函館と福岡という遠距離で日頃からタッグを組んでる素晴らしいトラックメーカーとシンガーです!改めて長旅お疲れ様でした!

もちろん、このほかにも沢山いるけど、俺がSenshiと出逢う前から既に関わりのある人だけでこれだけいらっしゃいます。そんな人たちの思いを背負ってクラウドファンディングをやっていた、というのは本当に誇らしいです。

改めてありがとうございました!

そして忘れてはいけないこの2人。

全日程参加してくれたやっこジョシュ
物販に通訳に、時には俺の運転の間の暇つぶしの相手に、本当にありがとう!

-初ライブ-

何人かの人がツイートしたり、アーティストもツイートしていたりしたけど、俺も初日の名古屋公演が終わって初めて聞かされたことがありました。

「日本でも初ライブだけど、Senshiとしても初ライブだった」

と。

大好きな日本で、一発目のライブをやりたかった、と。

マジで、もっと早く言えよ!!!!!!w

と言いたかったが、そういうことだ。とにかく夢しかない。夢。
なんかやけにライブ前みんな楽屋に篭って楽器の練習やたらしてたりお酒も飲まないしおとなしいし、デカイ体でなんで緊張してんだよ、初ライブかよ、って思ってたら、初ライブだった。

ライブ後は緊張が解けたのか、打ち上げ始まって1時間くらいで眠いから帰りたい、って、おいお前!Japanese  Uchiage知っとんのか!!!と言いそうになったが、そういうことなので許してあげた。初ライブだからね。

こんなストーリーみんなに早く言いたかったけど、ツアー終わったらこうやって改めて言おうと思った。翌日の大阪も、ライブ1回しかしてないのにかっこいいね!とか、言われたくなかったから。だから別に拡めようとは思わなかった。何回目だろうがこいつらはかっこいい。結成間もないだけで舐めたり、初ライブってだけで下に見たり、絶対そんなアホはいる。そこらへんの奴らと一緒にしないでくれ!という想いがあった、というお話。

余談だけどAiliph DoepaのVo.アイガーゴイル
「どんだけデカイ体して、どんな貞操観念してんだよお前ら!乙女か!」
って仙台のMCで言ってたけど、本当にその通りw
にしても、凄まじい初ライブだった。

-クラウドファンディング-

お前がいなかったら日本に来れなかった、ってやっぱりいろんな人に言われた。事実はそうなのかもしれないけど、なんか、納得できなかった自分が今でもいる。

俺、じゃなくて、みんなでセルビアから引きずり出したんだよね。

謙遜して言ってんじゃなくて、事実、今回はクラウドファンディングで日本に呼んでいる。

これが、俺が例えばどっかのプロモーターだったら、きっと声を大にして「あいつら、俺が呼んだから」って言ってたかな。いや、言ってないな。日本に行きたい、と思ってる熱量が違う。俺のお陰、とかで片付く話ではないね。

やっぱりね、クラウドファンディングってすごい。カンパに見られるからやるのはちょっと、、、って人やレーベルの人たちを今でもいっぱい見てるしいっぱい知ってる。漫画・アニメ界隈は最近徐々に拡まり出して、アイドルとかも上手いこと活用してるけど、バンド、となった瞬間、なぜかネガティブに捉えてしまう人が多い。慣習・文化なんだろう。ツアー回って、CD出して、ツアー回って、CD出して、それで稼ぐ。

今いる先輩バンドマンたちはみんなこのやり方なんだ、と言わんばかりに。

でも、こんだけ沢山の人に愛された状態で日本でライブができるのは、きっとプロモーターが呼んでいたらできなかったことだった。


-本題-

京都公演が終わって、二日間、京都でMV撮影のoff日があった。奈良に行ったりいろんなお寺に行ったり。

ちょっと離れた駐車場に車を止めなきゃいけなくなり、ツアー中、このタイミングで初めて一人になる時間が初めてできた。

エンジンを止め、しばらくその場を動かず、去年の12月5日から始まった目紛しい毎日を、改めて回想した。

なんて素晴らしいことが起きているんだ、俺だけに留めるのはなんて勿体ないんだ、こんなこともっともっといろんな人に経験をしてもらいたい。

そんなことをとにかく考えていたのは覚えている。

いてもたってもいられず、俺はとある人に連絡をした。

今回、クラウドファンディングを実施したプラットフォームの運営会社であるCAMPFIREの音楽事業部でキュレーター(より、成功に導く為のお手伝いをする人)をされている奥村さん

今回のSenshiのクラウドファンディングに関して、サポートをして頂いた、影の功労者です。

今読み返すと恥ずかしいくらいの文面で、ただただ感謝を伝えて、ただただ俺と同じ経験をしてくれる人を一人でも増やしたい、と伝えました。

~Senshi帰国後~

CAMPFIREで「プランナー」という形で契約をし、奥村さんのようなキュレーションを行う業務をサポートする、といった形で働く事になりました。

Senshiに人生を変えられてしまったな。

クラウドファンディングの素晴らしさをもっともっと拡めていきたい。
世のバンドマン、レーベル、マネージャー、プロデューサー、音楽に携わるみなさん、クラウドファンディングは「カンパ」じゃないぞ。

夢の前借りだ。

今ならいろんなことが話せるし、いろんなノウハウも溜まっている。
もっとああすればよかった、こうやればもっとよかった、って話もできる。
CD作りたい、ツアー回りたい、別にそれでクラウドファンディングやっても何もかっこ悪いことはない。
強いて言えば「泥臭いこと」は成功してしまえば「かっこいい」に変わる。

かっこいい、に、なれるお手伝いはいくらでもする。

クリエイターというのは、先にお金が出ていくもの、という常識を変えてくれたのがクラウドファンディング。

絵描きが絵を描くのに、筆とキャンバスをまずは自分で買わないといけないが、先に作品を売ることができる。そのお金で筆とキャンバスを買うことができる。そしてその作品を届ける。

いいライブをするツアーチケットを先に売ることができる。そのお金を交通費にしてみんなのところに行くことができる。

それだけのこと。

お金の出入りの順番が変わるだけ。

百歩譲って、先にお金をもらうこと自体がカンパなのかもしれない。

でも、クリエイターはその担保として先に、それが欲しい人にその対価を提示してる。

目標金額に一円でもいかなかったら金額を返す、というプランもある。

ここまで話して今回のSenshiのクラウドファンディングを否定する人がもしいたら、それはもう別の惑星の人間だと思うことにします!

お金の出入りの順番が変わるだけで、夢も叶う、人生も変わってしまう。

改めて今回のクラウドファンディングページを紹介!

https://camp-fire.jp/projects/view/58195

そして、各公演の写真を!

名古屋公演

大阪公演

京都公演

仙台公演

渋谷公演

府中公演

-最後に-

今回のSenshi Japan tourが終わって、もう早速Adamと来年のことを話しています!
もっと面白いことを企ててます!
今回だけで終わる訳がないでしょう!この輪をどんどん大きくしていきます!
もっとパワーアップした内容でSenshi達が大暴れしてくれます!

そして、次回クラウドファンディングを開催する際は、また参加してくれたら嬉しいです!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

Shu Kobayashi

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。