見出し画像

Summicron+Kodak TRY-X  1


↑この写真がPC画面に現れた瞬間・・・

まだまだフイルム初心者なので、ボケの感じとか明るさとか、こんな風に撮れるといいなぁと思った通りに写っていて感動です



Summicron 50mm f2 沈胴式は、まだモノクロフイルムが主流だった1953年製のオールドレンズ

「製造年代を考慮するとカラーよりモノクロの方が性能を発揮する」

写真サイトでそんな記事を読んだので、コダックのモノクロフィルム・トライXで撮ってみようと思いました

エルマーレンズでは使った事あるけどズミクロンでモノクロは初めてです






モノクロは光と影、そして「カタチ」を撮るべし

そんな記事も読んだので、面白いカタチといえばコレだろうと、黄金のオブジェが乗った吾妻橋のスーパードライホールを



黒いビルってコトもありモノクロにピッタリです





ほぼ日が沈んでかなり暗い中、ムリヤリ撮ったスカイツリーは見事に
手ブレですが、なんとなく好きなショット

シャッタースピード1/8秒だったので仕方ないんですけどね


「ライカは気合で撮る」


一眼レフのようにミラーショックが無いレンジファインダーは、気合を入れて人間手ぶれ補正をしたらスローシャッターでもかなり撮れる

そんな記事も読んだので つい・・

写真に関するサイトやブログをたくさん読んでいると、色々と影響されて試したいことがたくさんです



自宅近くの江戸川の夕焼け空



色が無いから夕焼けって分からないけど、これはこれでいい雰囲気だなと思ったりしました




ズミクロンとコダック トライX

とても相性がいいんじゃないかと思ったジブンです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

夏川 柊

日常と犬達との暮らしを写真と一緒に綴り
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。