見出し画像

デザイナーのみんな〜、盆栽買おうぜ!後編

前回の記事で、関東圏(というか大宮と東京)の間違いない盆栽屋さんをご紹介しました。後編は私が行ったことのあるお店の中で、ぜひ行って欲しい少しニッチな場所をご紹介します。

正直、1本目の記事「デザイナーのみんな〜、盆栽やろうぜ!」がこんなに見られると思っていなかったので、今のうちにもっと別の記事書きたい気持ちもあるんです。あるんですが、ここはブレずに行こうと思います。あえてね。

【埼玉】成勝園

まずは私が一番お世話になっている成勝園さんのご紹介です。ここは文化庁文化交流使として活動を皮切りに、世界を舞台にご活躍されてきた平尾成志さんが2016年にオープンした新しい盆栽園です。「Youは何しにニッポンへ」などのテレビ出演でご存知の方もいるかもしれません。

成勝園さんは、珈琲やお酒を飲みながら盆栽を楽しめるという、盆栽好きにはたまらない居心地の良い空間が特徴です。しかも園主の平尾さんがとても気さくな方で、何かと相談に乗っていただけます。あと重要なポイントですが、盆栽のお値段も良心的です。

とても秘境感のあるスポットなのですが、実際秘境といっても過言では無い場所にあります。事前に連絡しておくと、指扇駅からの送迎をお願いできる日もあるそうなので、日常から離れてゆっくりと盆栽を見たい方はぜひ行ってみてください。

【山梨】秋山盆栽園

もはや関東では無いですね。山梨県韮崎市にある秋山盆栽園さんです。以前旅行で山梨に行った際、ふらっと立ち寄ったのですが、ここで見た盆栽がどうしても欲しくなった結果、後日そのためだけに再度車を走らせたことがあります。

園主の秋山実さんは、29歳の時(2008年度)の第34回日本盆栽作風展において、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞した新進気鋭の作家として、盆栽雑誌や国内外のイベントでもご活躍されています。

「盆栽好きに悪い人はいない」という言葉通り、秋山さんもまたとても気さくで、子連れでご迷惑をおかけしつつもとても優しく色々教えていただいたのを覚えています。これまたニッチな場所ではありますが、富士山見るついでに行ってください。超オススメです。

【東京】NEO GREEN

ようやく都内の方でもふらっと立ち寄れそうなお店のご紹介です。NEO GREENさんは渋谷のNHK近くにあるグリーンショップで、盆栽だけでなく、インテリアに合うようなグリーンが沢山置いてあるお店です。

店舗面積的に、他の盆栽園のように多くの盆栽が置いてある訳ではありませんが、とにかくふらっと見てみたい時に、ちょうど良い場所にあるお店という印象です。

土地柄、お手頃価格とはいきませんが、それでも入門用にちょうど良い盆栽も置いてあったりするので、お近くを通る際は行ってみてください。

【埼玉】JAふかや用土センター

ここは私がガチンコで定期的にパトロールしているお店になります。寄居駅近くのJAさんです。ここでまず驚くのが圧倒的な盆栽の数です。そして値段もかなりリーズナブル。お小遣い制の私が一番テンション上がるお店がこちらになります。

その分、少なからず管理が不十分な木もあり、完全に宝探しの感覚で楽しめます。余裕で数時間持っていかれます。以前愚かな私は寄居駅から徒歩でここまで行きましたが、皆さんは必ず車で行きましょう。運よく地域住民に助けてもらった私が言うから間違いありません。

多すぎるので買おうぜ編はここまで!

ここまでいくつか盆栽が買える場所をご紹介してきましたが、まだまだまだまだ紹介しきれてません。が、ぶっちゃけちょっと疲れてきました(小声

他にも、川口周辺にある沢山のお店だったり、ヤフオク・オンラインショップなど、いくつも入手経路はあるのですが、初めて盆栽を購入される場合は、やっぱり前編でご紹介した鉄板の聖地に行かれるのが間違いないと思います。

ここまで読んで頂いたあなたは少数派!きっと盆栽購入を決意しているでしょう!という体で、次回はマンションで盆栽を育ててみる、という話をしたいなと思います。

盆栽やろうぜ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしよろしければ、サポートの代わりにそのお金で盆栽をはじめる&コメント頂けると本望です。

8

アラキシュート

デザインよりも盆栽を愛してしまったデザイナー。hey/STORES.jp←BuzzFeed Japan←Business Architects←野良。長崎県出身。二児の父。盆栽専用instagtam→https://www.instagram.com/shuarak/

いそのぉ!盆栽やろうぜ!

30歳になったのをきっかけに、自宅マンションで盆栽を始めたデザイナーが、ひたすら盆栽仲間を増やすために勧誘を行うアカウントがこちらです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。