創世巨人のゼナン_2

創世巨人のゼナン

「おはよう、被検体49号。言葉はわかるよね」

突如現れた異界の科学者。彼のもたらしたクローン技術は世界を変えた。最強戦士のクローン、伝説的剣士のクローン、選ばれし勇者のクローン…その力は邪を圧倒し、人の世は平和になった。

…はずだった。

「僕の名はマガタ。人間に滅ぼされた魔王のクローンだ。

そして彼は偉大なる夜の一族、その始祖のクローン。あっちのは大陸を腐海に沈めた魔導士のクローンで、僕らを造った女だ。

そして君は…驚くなよ、この世界を創世した邪悪な巨人、そのクローンだ。君はチビだが力は最強なんだぜ! 名は素体に基づいてゼナンにしよう…って、おい、おい!」

ゼナンと呼ばれた少年は突然跳躍し、天井を突き破って上空高くへと舞い上がっていた。

眼下には広がる緑。はばたく鳥たち。風の音。地平線の向こうから柔らかい朝の光が差している。

「うわぁああ…⤴」

ゼナンの声がはじけた。

「僕は産まれた! この素晴らしい世界に!!」

【次回「人間にばれちゃった」に続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

きっと励みになります。

ありがとう!
5

しゅげんじゃ

ただひたすら功夫あるのみ。

第1回 逆噴射小説大賞に応募した作品たち

2018年 第1回 逆噴射小説大賞に応募した作品を集めていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。