しゅぎもん

山梨県出身。北海道在住4年を経て都民2年生。

久しぶりに囲碁の大会に出た感想「静止衛星は静止していない」

こんにちは。しゅぎもんです。

私は5歳の頃に囲碁を始めてからというもの、のらりくらりと囲碁を続けてきました。

高校の頃は他の競技に熱中していたので、かなり怪しかったですが、囲碁が頭の片隅から落ちることは今まで全くありませんでした。

社会人になってからは、学生の時の活動でだいたい燃え尽きた感じがしていたのと、やるからには勝ちたいけど勝つための準備ができないという言い訳から、囲碁から離れていまし

もっとみる
書かせたいnoteのお題等ありましたらコメント欄におねがいします!
5

『アタック25』の出場権を獲得した話

「大事な大事な、アタックチャンス」という日曜の午後のひとときにお茶の間に流れるあまりに有名なセリフを聞いたことがない人はいないだろう。

そう、テレビ朝日系列のABCが製作している『パネルクイズ アタック25』のクライマックスである。

お笑い芸人の博多華丸・大吉の華丸さんは初代司会の故・児玉清のモノマネはあまりに有名で、「アタックチャンス」や「なぜ角をとらない」などのセリフだけが独り歩き

もっとみる
ひとの記事に共感する力って、いい記事を書く力よりすごいと思います。
1

旅行先で電子決済使ってみた!

少し日本から離れている間にどこのお店にも「ペイペイ使えます」のシールやのぼりが貼られるようになりました。

近所にあった個人経営と思われるハンバーガーショップも、知らない間にUberEatsとPayPayに加盟していて大変驚きました。

そうかそうか、みんなそんなに電子決済好きなのか……

まあ、自分も大好きなんですけどね。

中国から帰ってまだ銀行口座にお金があったこともあり、どこかでWecha

もっとみる

最近感動した言葉「私はただ、死ぬまで回転木馬に乗っていたいだけなのに。。。。」

我只想在旋转木马上坐到死。。。。

これは同い年の同僚が、ふとwechatのコメントに残した言葉。

言葉ヤクザはここにも反応した。

この回転木馬の感覚は日本のそれと同じだろうか。

回転木馬を比喩として用いた場合、その解釈は詩文の世界ではある程度までは共通の認識が作られている。回転木馬(メリーゴーランド)は遊園地のアトラクションのひとつだ。馬や馬車の形をしたオブジェクトに人が乗り込んで、回転を

もっとみる

最近感動した言葉「きれいめな服」

日常の言葉という言葉、すべて気になってしまう性質なので、広告を見て違和感があるとそこにばかり目を奪われてしまう。

たまたま目に付いたのは、ユニクロのLINE広告だった。

多分これは友だち登録するとヒートテック的なものを追加して、そのままブロックもせず延々と広告を流されているのである。

完全に元を取られている。

そんなことはいいとして、サムネイルにもあるこの広告が気になった。

注目してほし

もっとみる

博物館に行くと自分の無学がわかる

先日休みに、西安歴史博物館に赴いた。
秦の時代と唐の時代の出土品や、当時の調度品を模したもの、ジオラマ等見学すべきところに事欠かなく、
また博物館自体も広漠としていた。とにかくコンテンツが多い充実した博物館だったのだ。

私はこの手の見学は自分のペースで回りたいので、あまりキュレーターの説明を依頼しない。
さらっと流して見るかと思えば、同じものの前でひとしきり立ち止まっているタイプなのだ。

だか

もっとみる
ありがとうございます。あなたのおかげでまた書こうって思えます。
7