マッサージは好きですか?ー中国16日目

先に断っておきますが、これは風俗体験記ではありません笑笑

外国人はどこにいても目立ちます。それは、みんなが当たり前にできていることができなかったり、みんなが知らない言葉を喋っていたりするからです。

中国語noobの僕も例外では決してなく、色んなところで目立ってしまいます。

ある雨の日のことでした。

会社帰りにふと「あ、ラーメン食いてえな」と思ってホテルの最寄駅のラーメン屋に行きました。

数ある中から選んだのは「味千ラーメン」日本式の豚骨ラーメンのお店です。日本にはこんなものないし、どれ、中国の豚骨ラーメンのお手並みを拝見しようじゃないかと。

こんな、上から目線の軽い気持ちでした。

その日はちょうど、グローバルワイファイの機械をホテルに忘れてしまったので、得意技「ウィーチャットペイ」ができません。現金は持っているのですが、現金は店員さんはめんどくさそうな顔をします。

そして、席にQRコードがあるタイプのお店(よくわからない方はリンク先のノートを後で読んでね、この記事の最後にももう一回貼ります)

https://note.mu/shugimon95/n/n83c06f009875

そう、QRコードのお店だったので、どうにかして携帯を繋ぎたかったのです。
そこで、拙い中国語で、Wi-Fiありますか?と聞きました。

しかし、僕はWi-Fiが中国語で何というかわかりませんでした。
いや、Wi-Fiは世界どこでもWi-Fiやろ、それ以外で呼ぶことってあるんですかと。頭の中のリトルしゅぎもんがこう問いかけるので、

「本店有没有Wi-Fi吗?」

と聞きましたが、なんということでしょう、店員さんは怪訝そうな顔をします。

まじか!こんなことあるんや!と思って内心とても動揺しました。

なぜならここはすんなり突破して、パスワードを聞き取るのに苦労すると思っていたから。
ちなみにパスワードは中国語で「密码」。予習済みでした。

だけどそれ以前に、Wi-Fiが何かわからないなんて!

慌てて「上网」(インターネットに接続する)などと発言してもまるきりわかってもらえず、内心結構困りました。

諦めて現金出すかと思った、まさにその時、となりの男の人が英語で話しかけてくれました。

中国の街中から少しでも外れると、英語を喋れる人は結構まれな存在です。
いきなりの救世主に感謝して事情を説明すると、Wi-Fiの繋ぎ方を丁寧に教えてくれました。

そして無事に注文を終えてお礼を言うと、今度は普通に話しかけてくれたのです。

その方は27歳の中国人の方で、たまたま1人でラーメンを食べに来ていました。そして日本に来たことがあり、ひらがなとカタカナが読める、勉強熱心な方でした。

お仕事はコンピュータ関係なので日本語はいらないのに、日本を気に入って勉強したらしく、感動しました。

お互い自分の母語と、英語(そこそこ)と相手の言語(多少)を話していること、会社の最寄駅が近いことなど接点が多くて、意気投合しました。

すると、今度遊びに行こうと言う話になり、
「Do you like massage?」

「Oh, oh, oh, LEGAL massage.」

と聞かれました。
リーガル(合法)ってあえて言うんかい!と思って少しおかしくなってしまいました。

(多分イリーガルなやつは夜のお店)

楽しい事なら何でも来いの精神なので、是非是非と、連絡先を交換しました。

今週のどこかで、その約束を実現させます!!!
楽しみ!LEGALマッサージ笑

また書きます。

QRコードの席が何かわからない人はこちらからどうぞ。
https://note.mu/shugimon95/n/n83c06f009875

#コラム
#ラーメン
#中国
#上海
#滞在記
#日記
#マッサージ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ひとの記事に共感する力って、いい記事を書く力よりすごいと思います。
5

しゅぎもん

中国滞在記

半年間の中国生活で見たもの、聞いたこと、食べたもの、行ったところ、感動したこと等を書いてゆきます。2018/11スタート、2019/04完結予定
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。