電子書籍業務日誌3

電子書籍業界に関わる中で経験した出来事を書き連ねていきます。電子書籍取次サービス「電書バト」運営中。

さて、先日、twitterに投稿した下記のコメントが、間もなく2000RT(10/4現在)に達しようとしています。



その後、状況に変化がないまま、アマゾンジャパン合同会社(以後、アマゾン社)側の回答期限まで後2日という所まできました。前向きな回答が得られない場合は、訴訟に発展するかもしれません。

僕の投稿に続いて、10/3には講談社がアマゾン社に対して抗議声明を発表。10/4には小学館もアマゾン社に改善を申し入れたとの報道がありました。9月には徳間書店も不満を漏らしていましたね。規模の大小を問わず、弊社以外にも多くの出版社が同様の理不尽な対応を受けていることが明らかになりつつあります。


「講談社声明」

http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20161003amazon.pdf


「電子書籍読み放題削除、小学館もアマゾンに改善申し入れ」

http://this.kiji.is/155889203262193673?c=113147194022725109


出版の未来の一端を担う電子書籍ストアとして、アマゾン社が信義に足る存在であるかどうか?今まさに、それが問われています。

9/1の僕のfacebookページへの投稿ではこんな言葉が並んでいます。


「佐藤秀峰作品は本日から一部作品を除き、Kindle Unlimited対象外となりました。」

「これはKindle Unlimitedというサービスを維持するために、Amazonが下した一方的な判断です。」

「昨日の夕方、削除予定作品リストを突然見せられ、併せて契約条件変更を要求する書面に判を押すよう求められました。」

「そして、一夜明けてのこの事態。今後、出版社側から訴訟が多発する可能性があります。」

「ここを乗り切れるかどうか、Kindleというサービス全般に関わる重要な局面になるでしょう。

『そういえば、昔、Kindleとかいうサービスがあったねぇ』と言っている未来は、十分にあり得ます」


わずか1ヶ月前の僕の発言が、にわかに現実味帯びてきました。

ここに至るまでの出来事を簡単にまとめます。


8/3 

アマゾン社による定額読み放題サービス「Kindle unlimited」がスタート。佐藤漫画製作所および電書バトは、190冊ほどがサービスに参加。翌月からは新たに8タイトル16冊のサービス参加申請が受理され配信待ち。


8/31 

夕方にアマゾン社から「Kindle unlimitedの支払い方式を変更する」との案内が届く。支払い条件の一方的な不利益変更を通知する内容。同時に条件変更への同意書、近日中にコンテンツから取り下げられる予定の作品リストが提示される。弊社からは「支払い条件変更には同意できない。代理人に相談し、数週間以内に正式に回答する」と返答


9/1 

日付が変わると同時に取り下げ予定リストに名前があった作品が一斉に削除される。弊社からは下記3点をアマゾン社に対して連絡

・改めて『支払い条件変更に 関する同意書』については今後、締結するつもりがないこと

・正当な理由なくストア側の判断で商品が取り下げられることは到底受け入れられないこと

・契約を遵守し、すぐに全ての商品の販売を再開するよう望んでいること


9/5 

アマゾン社からの回答がないため、本件交渉を代理人に委任


9/19

 9/1から配信予定だったコンテンツについても、配信が開始されていないことが判明


9/28 

賠償などを求め、アマゾン社へ内容証明発送


あまり詳しく書けない部分も多く、不明瞭な記述だらけで申し訳ありません。本当はこの数倍いろいろありました。具体的にどのような支払い条件の不利益変更を要求されたのかも書けません。が、8月期の弊社電子書籍関連の売り上げ上代はKindle unlimitedを含め、全体で8000万円近くありました。Kindle unlimited上でのコンテンツ削除によって、翌月からその何分の1かが消え去ったということになります。

同様の事態が多くの出版社で起こっているものと思われます。

これは今、リアルタイムで進行中の事件です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

37

佐藤秀峰

電子書籍業務日誌

コメント1件

Amazon商品が安い理由がそこにあるわけですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。