中古車

中古車

 父は他界する7年ほど前、私に新車を買ってくれました。まぁ、人工透析の送り迎えを、私にやって欲しかったんですね。ところが私は車に興味がないし、運転が怖い。数年、ドアさえ開けないで、ほったらかしにしてやりました。しかし、いよいよ父は運転を禁じられ、人工透析の送り迎えをしなくてはならなくなりました。しかし、同時に、私は送迎サービスのある病院を見つけました。だから病院の送り迎えは数回で、後は、近所に買い物に行ったくらいで、ほとんど運転しませんでした。ディーラーの営業の人に「これならレンタカーした方が安いですよ」と笑われました。
 父は他界し、その車は売ることにしました。小中と同級生だった人が近所で自動車修理工場を営んでいるので、見積もりをしてもらうことにしました。彼は車を調べた後こう言いました。
「23~25万円。23万なら今すぐ欲しい」
そこで少し悩みました。彼とは小中と、それ程、仲良くありませんでした。よそで聞いてみたらいくらになるだろう? 
 今度は、テレビやラジオのCMでおなじみの大手中古車会社に持ち込んでみました。受付の人はパソコンをはじいて値段を出しました。
「4万5千円」
ずっこけました。そして、同級生を疑ったことが恥ずかしくなりました。即座に引き返して、旧友に24万円くらいで売ろうと思い、席を立とうとしました。ところが、その中古車会社の人が帰してくれない。売ってくれとうるさい。
「いくらなら売ってくれるんですか? 言ってくださいよ! 私も命かけてこの仕事やってるんですから!」
それならと、言ってやりました。
「26万円!」
中古車会社の人は一瞬ひるみましたが、結局、渋々ながらその値段で買い取りました。
 中古車業界ってどうなってるの? 
 すべての業界に友達が要りますね。
English

イラスト by しんたこ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

三浦周二朗

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。