見出し画像

子供を守るのに必要なのは、目を光らせることよりも子育てしにくい国を変える気持ち

児相に愛の手帳を申請しに行って、結果的にダメだったけど、自分の子供のことや子育てのことで気づけたことがありました。

今回児相に行ってきて、もうひとつ思ったことがあって。
SNSにこんなことをつぶやきました。

余談・・・児相に行って思ったの。
相当忙しいだろうなって・・・ずっと電話鳴ってたよ。あと、施設古すぎて・・・結構大きな管轄なのにオンボロで狭くてびっくりした。
この国は子供に関わるものにとことんお金をかけないんだなって・・・、待ってる間思った。
子供を守るって、目を光らせることじゃなくてさ、もっと根本的なところからだと思ったよね。
とりあえず動きました、指示を出しました、で終わるのが国なんだな。
臨機応変に対応できない、決まりや上からの指示は絶対なのは、学校と同じだな・・・って。一方で、保護者や子供の心に寄り添おうとしてくれる人もいて。

息子に障害があって、手帳の申請に行かない限りきっと、児童相談所とは無縁だったと思います。
実際に申請しようと思うまで、児童相談所がどういう役割かほとんどわかってなくて。
虐待=児童相談所って考えてた。
すごい偏見を持っていたんです。だから手帳の申請が児童相談所って・・・なんだか虐待した親だと周りから思われないかなとさえ、最初は思ってました。

きっと最近の親による虐待のニュースを見ているたくさんの人たちもまた、以前の私と同じなんだと思います。
だから虐待の事件が起こると、「児童相談所は何やってるんだ」って怒りがわいてくる。

〜〜〜〜〜

娘とよく、最近の話題について話すことが多くて。
その中で「今の人たちは、SNSやテレビで目にしたものや情報を簡単に信じて、鵜呑みにして。拡散する」って娘が言ってたんですね。
私も同じように思っていて。もしかしたら私自身もやっているかもしれなくて。
ふと我にかえって。

「目にして、立ち止まってまずは考えるってことができない人が増えているよね」とも娘が言ってて。
本当にそうだなぁと思って。
私もやってしまっているような気がして。
娘の言葉でハッとした、なんてことがありました。

〜〜〜〜〜

ひとつの出来事でここまで広げて考えてしまうのも、よくも悪くも私の性格なのですが・・・。

児童相談所の人手が足りていないのも事実だけど、その中で「間違った通報で理不尽に引き離されてしまう親子」もいて。
テレビとかで虐待のニュースが流れるたびに、子育てをする親に目を向ける人が増えたのは本当はいいことなのかもしれないけど、「目を光らせる」ことは違うと思っていて。

「1ヶ月以上学校に登校していない、いわゆる不登校の子供を一斉に調査する」ことが2月に行われたのを知っている人も多いと思います。
うちは息子がこのとき不登校で、調査対象だったんですね。
学校や先生に不信感を持っていた息子は会いたくなくて、最初は面会を拒否しました。

でもそれから少しして、「期日までに会えないと、児童相談所や警察にも伝えないといけない」と言われて。
学校や先生も上から言われて動かなきゃならないことはわかっていたけど、まるで虐待を疑われているようで。

本当は虐待なんかしていないのに間違った通報で親子が引き離されるケースも知っていたから、そうならないためにも従うしかなくて。
すごくイヤな思いをしました。

「もしも周りの子供が虐待されていると感じたら通報すれば良い」というのは間違ってはいないんだけど、もしそれが誤認だったとしたら。思い込みだったとしたら。
頑張って子育てして、仲良く暮らしている親子を傷つけることにもなりかねないということも頭に入れておいてほしい。

こう言うと、本当の虐待が見つけにくくなるって言われるかもしれないけど、もちろん子供が助けてほしいときのハードルが高くてもいけない。

本当に必要なのは、「自分のものさしだけで判断しない」ことなのかなって。娘が言っていたように、「立ち止まって考える」ことや冷静に考える力が必要なのかなって。

本当の虐待を見つけるためにすべての親を疑って目を光らせるような社会になってはいけないし、虐待されている子供がもっと助けを求めやすい、助けられる社会にしなきゃならない。
子育てに行き詰まったときに気楽に相談できるコミュニティを増やすことも重要で。

そうなると本当に必要なのは、まずは「視野を広くもつこと」と「想像力」なんじゃないかなぁって・・・子供も親も十人十色で、いろんな形があって。
本当に変わらなきゃならないのは、児童相談所でもなくて、もっと上だってことじゃないかなぁって思います。

子供に関わることにお金をかけない国を、どうにかしないといけない。すごく大きなことだけど、そのためにはどうするのか考えていかなきゃ、どんなにテレビで取り上げても、形だけ動いても、「子育てしにくい国」が出来上がっていくだけじゃないかなって思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは子供のために使わせていただきます!!

♡が励みになります!うれしいです!
85

しゅーか

2人の子供と北海道が大好き。ライターをしています。ここは好きなこと、感じたこと、思ったことを気ままに書く場所。

コトキロク

子育てしながら思うコト。日々のキロク。すべて私の主観です。
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

難しい、そしてとても重要な問題ですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。