見出し画像

インドで歯医者にお世話になった話 in デリー&バンガロール

旅にアクシデントは付き物―

「良い旅」と「そうでない旅」の分かれ道は、アクシデントを楽しめるかどうかに尽きると思いますが、どうでしょうか。

インドといえば…!で、有名なガンジス川。
そんなガンガーと共に生きる街「リシュケシュ」へ旅行をした帰り道。

「シュウノスケ、コレ食うか?」と、インド人の友達からお菓子を貰ったのが事の発端。

想像以上に貰ったお菓子がネバネバで…

歯の表面を守ってくれていた被せ物(虫歯治療の後に被せるやつ)がポロっと取れてしまったという惨事…

まさかネバネバなお菓子で歯に穴が開くなんて…

それも、常に清潔さと戦わなくてはいけないインドという地で…


帰宅後に周りに歯の事を相談をしていると、

「近くの歯医者、知っている。」

と、サーバント(お手伝いさん)のサンジェイ。


ドヤ顔でローカルの路地をスイスイと進んでいきます。

写真を撮っているのに気が付くと、、、、、

めっちゃ写真に入ってくるサンジェイ。

なんでそんなにドヤ顔でキメるん?

三児の父、サンジェイ(コルカタ出身)


もちろん、到着した歯科クリニックの前でもポーズ。

サンジェイ、ここでもドヤ顔を披露。

服と壁の色が一緒で、謎のスタッフ感がすごい。


そして、ドヤ顔のわりにはドクター不在…

ドクター不在の時点で不安でしたが、

院内を見渡してさらに高まる不安。

デリケートな口腔治療に似つかない院内のご様子。

インドの神様といえども、殺菌・消毒は期待できない…

この写真を撮ったのが2015年って信じられますか?

サンジェイ「大丈夫。ドクター来るから座って待ってろ」

みたいなことをヒンディー語で言うので、
(こちらもいまいちヒンディー語が分かっていない)

おとなしく座って待っていたらドクター登場。

床拭き雑巾用だと思っていた、足元に置いてあるバケツで手を洗うドクター。

そしてその手を口に突っ込まれて「終わった…」と思ってしまう僕。

汚い手を突っ込まれて診察だけされて、けっこー高額な診察料。
(インドは歯に保険が効かないので、そこそこお金かかります)

「二度と来るか!」と思いながら支払いを済ませて、
サンジェイをひと睨み。


後日、ちゃんとしたインド人(こんな表現でごめんなさい…)に

「見てこれ、インドの歯医者ってこんな感じなんだね」

って、あたかもインドを知ったような顔して先程の写真を見せると

「うわ、こんな汚いところインド人も行かないわ…」

って言われて驚愕。


「ちゃんとしたところ紹介します」

と、めちゃくちゃ心配そうな顔で違う歯医者を予約してもらいました。

そして今回の案内人もサンジェイ。

心なしか、僕のセカンドオピニオンにご不満そうな顔。

そしてこの歯科クリニックも、
到着時にシャッターが閉まっていて不安以外の感情がありませんでした。

「ここに電話してね」
の張り紙の電話番号に電話して、待つこと10分。

先日とは打って変わって綺麗な受付が。

診察台も2010年代にちゃんと戻ってきました。

そうです、これが求めていた「歯科クリニック」です。

が、前例があったため、拭えない不安。

ついついこんな顔します

不安な僕を見て、めちゃくちゃ色んなことを説明してくれるドクター。

「安心しろ、メイドインジャパンだ」

と、ドクター。

むしろ日本語しか書いていない製品を日本語が読めないドクターが使っているなんて逆に心配…とか思いつつ

しっかり僕の歯を作ってくれたドクター。

なんだかドクターの表情もご満悦に見えますね。


治療中にインドの血が騒ぎすぎなドクター。

型取りの時なんて、みんな大好きセルフィ―ですよ。

楽しそうに僕の顎を押し下げています。

現在も僕の奥歯はドクターが作ってくれた&押し込んでくれた歯がついております。

皆さま、旅先で歯の治療をするにはお金だけでなく、
他にも精神削られるような心配事があるかもしれません。

なるべく渡航前に歯の検診を済ませておきましょう。


こんな感じでnoteを書き終わる頃に思い出しました。

ドクターが自信満々に

「マジ、これで大丈夫だから」

とおっしゃっていた奥歯、

つけた2カ月後にバンガロールで取れちゃったんですよね…

それも、ガム噛んでる時に…

インドのお菓子の粘着力強すぎ………


たまたま歯が取れた時に乗ってたタクシーの運転手が

「おれの従兄弟、歯科大学病院のスタッフなんだけど、行く?」

って、まさかのスムーズすぎる展開でインドで3つ目の歯科医院へ。

オックスフォード大学の歯科クリニックは、
簡単な治療は学生が担当してくれるため、治療費は無料です。

もちろん綺麗で広々しているので、
バンガロール在住の方はおすすめです。


歯が大事な事は皆さんご存知だと思いますが、

ついつい忘れがちな渡航前、要確認です。


―――――――

平岡充乃介のこと
横浜のヨガスタジオのこと
他のコラムとかエッセイとか
Instagramを見てみる

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございますナマステ!
8

平岡充乃介

広島生まれ。南インドの大学院でヨーガ療法学修士課程を修めました。サイエンティストな雰囲気を醸し出したいヨギーです。ヨガとかインドっぽいことを書いてます。続きはwebで www.studio-sahana.com/home

昔に旅したところ、最近旅したところ。 写真と思ったことを。シンプルに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。