1000円カット

月末。6月を前に髪を切りました。天然パーマである僕としては、本格的に梅雨がやってくる前になんとか少しでもサッパリさせておかないとそれはもう大変なのです。(わかる人にはわかるはず)

いつも決まって近所の1000円カットのお店で髪を切っています。髪型には無頓着で、伸びた分をただ切ってもらえさえすればよい、そんな僕にはそれで十分。いや、無駄なく短時間でサッと済ませてもらえる事を考えるとむしろそれがベスト、なので重宝しています。

ところでこの1000円カット、安いのに越したことはないのですが、それにしても安すぎるといつも思っています。(それでもちゃんと利益の出るシステムである事はわかっているのですが。)なんだか申し訳ないくらい。もしこれをイラストレーターの仕事にあてはめた場合、ここまで薄利な金額設定にしようものなら、同業者間で物議を醸し出しそうですね。

普段フリーで仕事をする身として自分の価値を守るべく、仕事を安請け合いしないように心がけているのですが、かたや1000円カットを愛用している自分もいて、なんだかちょっと矛盾というか複雑な気持ちなることがあります。決して金額だけが理由で1000円カットを選んでいるわけではないのですが、偉そうに値上げ交渉できないな…と。

でも何を基準に安いか高いかを決めるんでしょう?ターゲットもニーズも様々なので、制作費の相場って一概には決めづらいとこですよね…。皆さんはどうやって決めているのでしょうか、また教えてください。

あと、天然パーマが梅雨を乗り切る方法も大募集中です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これだから続けられる!
20
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。