魔法のような方法はない

台風12号が関西地方へ近づく中、なりゆきサーカスの勉強会「Behance講座」が無事終了しました。僕らが何かイベントを企画するたび悪天候に邪魔をされているので慣れっことは言え今回も直前までヒヤヒヤさせられました。リスク覚悟でお越しいただいた受講者の皆様、本当にどうもありがとうございました。


5年間の研究結果を3時間で喋り尽くす

いわゆるSNS全般の話ではなくBehanceだけに特化した内容の講座で、はたしてどのくらい伝えられることがあるだろうか?と企画当初はそんな不安も少しあったのですがフタを開けてみればまったくの杞憂でした。

ぼくは今回進行役として講師であるタケウマさんのとなりにいたわけですが、会話のやりとりや相づちを打つスキもないくらいにギュウギュウに詰め込まれた情報と知識。

3時間では足りない、それもそのはず。Behanceにアカウントを設けた2013年から今に至るまでの5年間、日夜研究してきたノウハウをそこに収めること自体無理があるというものです。

しかしそれを見事やりきりました。ほとんど息つく間もなく3時間喋り続けたタケウマさん、本当にお疲れ様でした。

自分たちの企画を褒めるのもおかしな話ですが、ここまで濃い講座はなかなか無いのでは?と思っています。


魔法のような方法はない

講座内容についてここで詳しく書くことはできませんが、短い言葉でまとめるとすれば「こだわりの強さと地道さ」に尽きると思います。まずはこれがベースにあってはじめて認知度と信用度が高まり、やがて結果に結びついていくのだなと。

こだわりの強さというのは、自分の作ったものを丁寧に扱う、よりよく見せるために必要なこと。まずは第一に作品に向き合う事が大切。

やっていることはかなり地味だったり、目に見えて効果のあるものばかりではありません。時にはやってみたものの失敗することもあれば自分には合わないということもあるでしょう。

SNSに限らず言えることですが、何事も一朝一夕にとはいきません。もし簡単に結果を得られる事があるとすればそれはきっとまぐれのようなもの。そんな魔法のようなうまい方法はないんだという事を思い知らされました。見習うべきところばかりの講座でした。


実践し続けられるかどうか

講座を受講したその瞬間には皆「よし!やるぞ!」と意気込みます。でもそれを行動に移して実践しやり続けられるのは10人に1人とも聞きます。多いのでしょうか少ないのでしょうか。ぼくも人のことは言えないので少ないとは思えません…

しかしここで得た知識やノウハウ、考え方は何もBehanceだけにしか使えないものではありません。きっと他のことにも応用できることもあるでしょうから、「結局やらなかった…」と落ち込む必要もありません。(と、自分にも言い聞かせています)

長い目で見て少しでも何かの役に立つことがあれば企画側としては嬉しいです。


5年後10年後今よりきっと海外とのやりとりは増える

講座の最後に紹介された海外クライアントとのやりとりの流れの話は、大変興味深かったですね。タケウマさんは英語が話せるわけではないそうで、基本的には翻訳サービスを使っているとのこと。言葉の壁が障害になりそうなものですが、それを感じさせない進め方を見て安心というか、自信をもらいました。

ぼくもここ数年でいくつか海外の方とお仕事させていただく機会に恵まれました。年々数が増えているので、きっと5年後10年後は今よりもっと増えて当たり前のようになっている気がします。根拠はありませんけど、体感的に。

そんなこれからのグローバル化が進む時代に、しっかりと自分をアピールできる場所が必要ですね。もっとしっかりとBehanceを管理しようと思いました。あと英語もそこそこにできるようにはなりたいけど、まずやるべきは絵を描くことです。あれもこれもと欲張るのは、ぼくには難しい。

ここからどう変わっていくか、見守ってやってください。
https://www.behance.net/shunsukesatake


どうでもいいけどデュオミュージシャンみたいなスタイルでお送りしました。ぼくはキーボード担当。どちらの意味でも。



以上、なりゆきサーカス企画「Behance講座」についてのお話でした。受講者のみなさんにご満足いただけたかな。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これだから書き続けられる!
66

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

コメント7件

木内さん 限りなくグレーなものから地味なもの、ほぼアウトなものまで幅広くあります、タケウマさんの研究の賜物です。ぜひぜひ直接聞いてやってくださいませ。ただ、木内さんクラスのアカウントにはまったく必要ないことも多いですが…!
ほぼアウトなもの!それってバレたらBehanceから注意されるくらいのものですか?僕の場合、意外とBehanceから仕事になったのはほとんど無い気がします…。
もしかすると注意されるかもしれないものも…あるかもしれません。人には迷惑はかかりませんが、ちょっとセコい(?)テクニックです。なのでそれはタケウマさんもおすすめはしてません、仕様上可能だという事は実証したようですが。
Behance経由でのお仕事がほぼ無いというのは意外でした!それ以前から海外との繋がりがあったからでしょうか。ぼくなどはBehanceを使って初めて認知されるようになりましたので、ありがたいな〜と思って続けています。
なるほど。僕は自分のサイトもAdobe PortfolioでBehanceと同期してるので、どこを見て依頼が来るのかは厳密にはわからないですけどね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。