営業力のあるウェブサイトづくり

初めてのお客さんからのお問い合わせやご依頼はウェブサイトを通じてやってくることが多いです。ぼくの場合はじつに9割以上。一番の営業ツールになっているので特に力を入れて、情報量や見せ方の工夫などいろいろ考えながら作っています。

https://naturalpermanent.com/


現サイトは基本的にWordpress(ワードプレス)を使って作っています(最初のスライドページだけは別です)。WixやJimdoなどの便利なウェブサイト制作サービスがある中なぜWordpressを使用しているのか、主な理由は下記のとおり。

・選べるテーマ(デザイン)が豊富
・更新がしやすい
・細かい部分まで好みに合わせてカスタマイズできる
・プラグインを使って様々な機能を追加できる
・カテゴリやタグを駆使して検索性を高められる
・スマートフォンやタブレットでの閲覧に対応している(テーマによる)

という点です。構築するにはウェブに関して多少の知識が必要ですが、基本的にはネットで調べただけの知識でここまで出来ました。僕の場合、そうした事を調べたり試したりするのが苦ではなくむしろ好きだという事も関係あるかもしれませんが…。苦手な人には辛いですよね、そんな時はウェブのプロに頼みましょう。餅は餅屋という言葉もありますから…


あと、たいせつなこととして、WixやJimdoなどのサービスがいつまで安定して続くかという保証はありません。ガイドラインの変更で改悪されることもありますし、サイトのデータごと失う可能性もゼロではないので、バックアップができる自前の環境にウェブサイトを置く必要があります。

【2018.12.18 追記】
同じように多くの方がポートフォリオとして使っている世界的に有名なブログサービス tumblr がガイドラインを変更しました。成人コンテンツの排除が目的なのですが、それに該当しない作品画像までも閲覧できなくなるといったような状況が起こっています。メインで使っていた方たちには大打撃ですね…。はやく正常化されることを願っています。


ちなみに今使っているテーマはWP Portfolio Pro(有料版)。
これをベースにいいろいろいじっています。
シンプルで、カスタマイズ性や拡張性が高くて気に入っています。


ウェブサイトを作り、管理する上で大事にしている事


1. 作品をキレイに見せる

まずは当然の事ですが作品をキレイに見せる。クライアントやデザイナーさんから提供された画像があればいいですが、なければ写真を撮ります。できるだけ美しく見せるために僕は一眼レフを使っていますが、近頃のスマートフォンのカメラ性能があればそれでも十分かもしれません。他には大した事はしてません、ちなみに下の写真は白い板の上で窓際から入る自然光の下で撮ったものです。どうでしょうか、それなりになっているでしょうか。

カメラがなくとも良く見せる方法はあります。モックアップを使えば、あたかも撮影したかのような見せ方ができます。例えばポスター用の素材だけでも無料で使えるものが探せばたくさん見つかります。

http://photoshopvip.net/64467


2. まとめて見せる

シリーズのお仕事や連載のお仕事などは1ページでまとめて見せます。わざわざ画像1点ごとにページを切り替えて見てくれる事はないという考えからです。また記事の下には似た事例や関連する作品を紐付けして、別ページへの誘導を促しています。

例:毎月のお仕事も1ページに集約
http://naturalpermanent.com/illust/work/3041/


3. 更新頻度

どんな素晴らしい絵が掲載されているサイトでも何ヶ月、何年もほったらかしにされている状態では、人は何度も見に来る事はありませんし、お仕事を頼む側には不安しかありません。ちゃんと活動している事をわかってもらうためにも、定期的にちゃんと更新されている必要があります。ついつい面倒くさくて更新が滞ってしまう事にならないようにできるだけ手間のかからない方法を選ぶと良いです、その点Wordpressは楽です。


3. 検索性

ウェブサイトに訪れた人が、迷わず目的の作品や探しているものにたどり着けるよう、媒体ごとのカテゴリー分けやモチーフごとにタグを付けて検索性を高めています。クライアントに作品を見てもらう時も、このカテゴリーやタグから辿って説明すると案内しやすくてとても役に立っています。また、掲載量が多くなると時系列に表示しただけでは過去の作品はなかなか目につきにくくなりますので、その問題の解消にも。

検索専用のページも設けています。
http://naturalpermanent.com/illust/search/


4. スマホ、タブレット端末に対応

各種SNSを経由してウェブサイトに訪れてもらう事が増えた今、スマートフォンやタブレット端末からでも見やすくなっているかどうかはかなり重要です。それをゼロから作り上げる知識はありませんが、あらかじめレスポンシブデザインに対応したWordpressのテーマを選ぶことで解決しました。


5. 掲載作品の取捨選択と優先順位

ウェブサイト内に掲載する作品や仕事の実績は、なんでもかんでもとにかく上げるのではなく、これから増やしていきたい仕事のイメージに近いものを選んで載せるようにし、それ以外はもったいないですが載せません。そうする事でアピールしたいポイントがより明確に伝わるようにしています。さらにWordpressでは、その時見てもらいたいページを上部に固定表示することができるので重宝しています。


6.独自ドメイン

今使っている naturalpermanent.com の独自ドメインはイラストレーターとして独立する前に取得しました。これがないとダメというわけではありませんが、あきらかに無料のサービスだとわかってしまうようなURLはお仕事上ではマイナスだと思います。やはりプロとして仕事を受ける以上は本気度が伝わるようにという事で、ある種の信用のため。


7. プロフィールページに顔の見える写真

これは様々な事情があって載せられない方もいらっしゃるので一概には言えませんが、やはりはじめてお仕事を頼む側の気持ちとしては、どんな人なのかが気にならないわけはありませんので、人物像を伝える意味で載せることにしています。イラストレーションファイルなどでも顔写真掲載は必須条件になっていますもんね。

http://naturalpermanent.com/illust/about/


以上、ウェブサイトに関する考え方まとめでした。人それぞれ売り方が違うと思うのでこれがベストという答えはありませんが、皆さんの考えや工夫しているところなども聞きたいです。ご意見ご感想大歓迎です。



紙のポートフォリオについてはこちら。
よろしければついでにご覧くださいませ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これだから続けられる!
365

UIデザイン

7つのマガジンに含まれています

コメント10件

wixなどがいまいちだと思っていたので、とても参考になりました!!!
青柳さん、お役に立てて何よりです!関西でフリーランス、同じ境遇ですね!がんばります!
サタケさん、作品の見せ方など非常に具体的で、とても参考になりました!ありがとうございます!同業者ですが、これからも応援しております〜!
萩原さん、どうもありがとうございます!(昨日も、ありがとうございました!)萩原さんのサイトもすごく考えて作られていて勉強になります。ブログも読み応えあって、尊敬です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。