見出し画像

#社会人1年目の私へ

デザイン専門学校を卒業後、本当はイラストレーターになりたかったにも関わらず、ハナからそんなのなれっこないしと挑戦すらすることなく、デザイナーとして就職という道をえらんだ20歳の頃の自分へ。


採用面接の時、PhotoshopとIllustrator使えます!と見栄を張って入社したけど、それ、学生レベルもいいところでほとんど仕事では歯が立たないよ。


お金もないのだろうけど、ジーンズの上にボロいジャージを着て出社して部長に注意されるよ。これは古着なんですと言っても分かってもらえないよ。


電話の応対もメールの書き方も、何も知らないよ。卒業後即フリーランスになっていたらと思うとゾッとするね、たくさん学ばせてもらうといい。


給料はびっくりするくらい安いよ。新卒だからという理由で募集条件にあった毎月の給与額から2万くらい引かれてたけど、あれ多分アカンやつよね


残業も半端なく多いよ、自転車で通勤できるところに暮らしたのはマズかったね。嫌でも電車通勤して、それを口実に終電までには帰ろう


そんな条件的にはブラックもブラック、漆黒企業かもしれないけど、社内の人は皆いい人はだよ。って、あれ、これってつまり洗脳されてるのかな


新米デザイナーの仕事はとにかく地味だ。写真の切り抜きだけで一日終わることもあるよ。華やかに見えるものの下にはこうした作業が必要と知る


1年目は仕事に追われて、絵を描く時間もなければ気力体力もないよ。でも大丈夫、2年目には仕事中にコソコソ隠れてまでも描きたくなるから


わからないことがあればすぐに聞けばいいよ。隠したままだと、結局手に負えずまわりに迷惑がかかるから。助けてくれる仲間がいるので安心して


1年も経った頃には小慣れすぎて、はやくも「デザインにフレッシュさがない」と言われるよ。小手先だけで物を作るクセははやめになおしておいて。(今もずっとそのままだから


上司や先輩たちにはたくさんの事を教わるよ。退社した今でも繋がりがあって、ずっと変わらず尊敬できる人たち。1年目に出会えてラッキーだ


お酒の席でハメを外して余計な事をペラペラ喋るよ。口は災いのもと。徐々にでもよいので、大人の飲み方もおぼえていこう。


デザインが好きになるよ。このままデザイナーでい続けてもいいなとも思う。でもそのうちそれよりも自分の絵が描きたい気持ちが強くなる



そんな社会人1年目の日々があったから、今のぼくはここにいるよ。はじめは3年くらいで辞めるかな〜と思ったけど結局5年近く勤めることになる。辞めると申し出たときに、ちょっと引き留められたのは自分に思ったよりも力がついた証かもしれないし、ただの思いすごしかもしれない。

今でもあの頃を懐かしく感じることがある。戻りたいかと言われたらまったくそうは思わないけれど、思い出は何もないよりいろいろあった方がいい。

若いうちにかける恥はかけるだけかこう、失敗もたくさんしていい。それがないと本当の成長はない。そう思ってあの頃の頼りなかった自分を肯定しているよ。


そうだ、こんな懐かしいものを見つけたので貼っておくよ。当時「仕事&資格ガイド」という雑誌の取材を受けたね。顔から火が出るくらい恥ずかしいけれど、いい機会だしここで消化しちゃおう。


入社1年目から会社の人も見る誌面で独立願望を口にするもんじゃないね。

でもその後、ちゃんとイラストレーターになったよ!ありがとう!あの頃の自分!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

報われます…!
187

サタケシュンスケ(イラストレーター)

フリーランスのイラストレーター。1981年生まれ、神戸市在住。広告、出版関係のお仕事を中心に活動中。3児(6歳・4歳・1歳)の父。https://naturalpermanent.com/

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つ のマガジンに含まれています

コメント5件

木内さんにそう言っていただけるなんて…!20歳の頃のぼくが報われました…!!!
本当はイラストレーターになりたいけど、専門卒業後→就職→独立と私も全く同じ道を辿っていました笑
そのままフリーになっていたらゾッとするような事とか、自転車通勤とか、会社がブラックすぎて漆黒とか、取材された時将来イラストレーターになりたいって言ったこととか色々と共感の嵐でした…!
一度就職したことで、学ばせてもらえたことたくさんありますよね〜
ハタチの頃を思い出して、色んな想い出が蘇りました。
何処かの歌詞にありました。
過去の自分が今の自分を作っていると。
読んで、その事を思い出しました。
これからも、頑張ってくださいね。
陰ながら応援させてもらいます☺️
貴重な経験を伺えて嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。