Shunya.Asami NOTE

⚫︎写真作家・造形ワークショップデザイナー ・キュレーター 「時間」と「記憶」をテーマに制作。2012年〜ヒロシマの被爆樹木をフォトグラムで作品制作 中之条ビエンナーレ2019参加アーティスト ・さいたま国際芸術祭2020 市民プロジェクトコーディネーター

10/5(土)ワークショップ開催のお知らせ@さいたま市 北区

【さいたま国際芸術祭2020:イベント参加のお知らせ】                                 さいたま市北区で10/5(土)に開催される地域フェ...

『Photogram Action!-浅見俊哉作品展-』@埼玉県さいたま市(南浦和)

【個展のご案内 @南浦和】 『Photogram Action!-浅見俊哉作品展-』 本展覧会は、カメラを使わないフォトグラムの技法で作品制作やワークショップを全国各地で精力的に行...

【展覧会のお知らせ】 『影を掬いとる-浅見俊哉 作品展-』@埼玉県川越市

【展覧会のお知らせ】 『影を掬いとる-浅見俊哉 作品展-』 小江戸 川越にある「三番町ギャラリー」で作品展を開催します。フォトグラム(カメラを使わないで制作された写...

生活都市さいたまで開催しているアートプロジェクト「Sightama Art Center Project」とは?

さいたま国際芸術祭2020「Art Sightama」では、本芸術祭を「共につくる、参加する」市民参加型の芸術祭とするため、市民が主体となって参加できるプロジェクトを実施します...

現在の小学生・中学生 約200人が描く青写真とは?「現在の青図-中之条 2019-」@中之条ビエンナーレ2019

【中之条ビエンナーレ2019】 群馬県中之条町で8/24より開催されている「中之条ビエンナーレ2019」にエデュケーショナルプログラムアーティストとして参加しています。 展...

【アートは、「コンセプト」を「身体」にする】2019年、8年目のヒロシマでの制作を経て感じたこと。

アートは、「コンセプト」を「身体」にする。                                   「概念」が溢れている。それにリアリティを持つこと...