見出し画像

んー、悩ましい。

今日は少し活動について。配属先が農家に売っているほぼ全ての農薬を調査することができた。そこで感じたこと…↓↓

・商品に取扱説明書が付いてないものが多い
・ネットに商品のページがない
・製造元の名前と商品の名前が異なる
・取説があるものに関しても、それを遵守していない
・そもそも農薬の管理が良くない
などなど

僕の調べ方が悪いかもしれないけど、やっぱり農薬は正しく安全に使わなくてはいけない。そのために今後何ができるんだろう…。そもそも僕は農薬の専門家でもない。大学では高収量性のイネや、ある一部のイネの病気について研究したり、稲作全般について自分なりに勉強した程度。もちろん、僕に何もないから何もできないや、なんて思ってないし、自分も配属先と協力して最善を尽くしたい。んー、何ができるかなあ。

あと2か月以内に、配属先と活動計画について話し合って、ボランティア調整員も加わって話し合って、計画書を作成しなくちゃいけない。農家さんとの信頼構築もしながらこっちも着々と進めなくちゃ!

(Vol.135_21/8/2019)

#青年海外協力隊 #JOCV #ドミニカ共和国 #LaGina #稲作 #活動 #農薬 #取説 #管理 #使用方法 #問題多し #何ができるかなあ #最善尽くす

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

SHU

コメを専門(育種、収量調査、耐病性、GM等)とするD1。2019年4月よりドミニカ共和国へJICAボランティアとして派遣。イネ病気の防除の検討、及び農家への指導をメインに活動している。食事、野球、旅行、自然が大好きだけど、野菜はキライ。世界の飢餓で苦しむ人を一人でも笑顔にしたい。

2018-4jocv shu-memo

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。