新しい家族

今日はドミ共に来て100日記念!本当にいろんなことがあった100日。でもあんまり日本と変わらなかったり?もちろん生活は変わったけど、気持ちの面ではあんまり変化がないようにも感じます。いわゆる喜怒哀楽の「怒」が抜けた感じ。やっぱりどこにいたって性格とかは変わらないのかなあ。それとも僕がまだ現地に溶け込めてないだけ?笑

というわけで今日は新しい家族の紹介。

先日僕のブラザーがビニール袋にいれて持ってきたのが「こいぬ」。他の近所の犬は毛並みが整っていなくて、目が充血していたり、正直言ってかわいそうよりも怖いけど、そのこいぬは毛並みが整っていて何とも愛くるしいので、ついつい近づきたくなっちゃう。でもドミ共は未だに狂犬病に注意しなくてはなりません。いくら可愛いこいぬでも注意しなくてはならないのでもどかしい!笑

にしてもどうしてこいぬを持って帰ってきたんだろう。尋ねてみると、「ドロボウ対策」だとか(以前テレビで犬がドロボウを追い払った?やっつけた?というニュースがやっていました)。まだまだこいぬであんまり吠えないですが、これから大きくなってもしもの時に活躍してほしいと思う一日でした。

そういえば、僕の日本の家族にも新しいメンバーが今お腹の中でがんばっているのかなあ。

(Vol.100_17/7/2019)

#青年海外協力隊 #JOCV #ドミニカ共和国 #LaGina #稲作 #100日記念 #喜怒哀楽 #怒なし #新しい家族 #こいぬ #可愛い #狂犬病 #注意 #ドロボウ対策

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

SHU

コメを専門(育種、収量調査、耐病性、遺伝子組み換え等)とする博士後期課程1年生。2019年4月よりドミニカ共和国へ「食用作物・稲作栽培」という職種の青年海外協力隊として派遣。食事、野球、旅行、自然が大好きだけど、野菜はキライ。世界の飢餓で苦しむ人をひとりでも笑顔にしたい。

2018-4jocv shu-memo

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。