伊藤秀一

障害や疾病のある子どもから100歳の高齢者、運動の苦手な子どものリハビリ・体育支援に携わって20年目。リハビリや行動変容の促進は、表に現れていない悩みや願望の根源を知ることがカギと気付き、悩みや想い整理に重点を置いている。HP:shwlog.com

時間とは何か?

なにかと忙しく、「時間がない、時間がない」と聞くことが増えた現在。
 
こんな状況になることを45年前に予言したのでは?と思うような本がこの『モモ』です。「時間どろぼう」と盗まれた時間を人間に取り返してくれた「モモ」という少女の物語。

やや厚めの本ですが、文章はひらがなが多く漢字にもカナがふってあるので、夏休みを利用して親子で読んでみるのもよいでしょう。

本の詳細はこちら
https://am

もっとみる

目が見えない状態でスポーツ!?

私たちがモノゴトを認識する際に
見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう
という五感を主に使うわけですが、
 
状況によって異なるものの
 
日常得ている情報量の8割以上は
”視覚”が占めている言われています。
 
言葉のように最後まで聞くことなく、
瞬時に多くの情報を得やすいのも
理由の1つでしょう。
 
ただ、
 
もしその視覚を使えないとしたら
あなたはどうしますか?
 
また、あなたが取り組んでい

もっとみる

期待を手放す

何かを期待して発言・行動すると、思うようにならなかった時に怒りや悲しみを感じることがあります。

自分を離れた言葉やモノゴトをどう受け止めるかは相手の課題で、コントロールしようとするとますます悪循環に陥ります。

そもそも教育ってなんだろう?

前回は『今の学校はどうなのか?』ということについて書きました。
https://note.mu/shwlog/n/n3cdb1dec3e93

今回は私が感じている「そもそも教育とは何か?」について書いてみようと思います。
先日参加した学校と教育に関して考えるイベント内でも話したことです。

よく聞く悩み

「今の学校ってどうなんだろう?」
「教育はこのままでいいんだろうか?」
という議題でよく

もっとみる

<晴読雨読>奇跡のリンゴ

自然との共生、多様性の重要さがわかる本です。
本の詳細:https://amzn.to/2NbTJTW

学校・教育とは何か?

先日、学校と教育に関して考えるイベントへ参加してきました。

最近は
・今の教育ってどうなんだろう?
・学校って必要なの?
という議論がアチコチで行われている印象があります。

先人が苦労なさって日本の基盤を創った戦後の時代から生活スタイルが変わり、価値観や生き方も多様化している中で、教育のあり方も見直される時期なのかもしれません。

先にお伝えしたイベントには、教育関係者や保護者、自身が学校に行

もっとみる