クリエイティブな組織をつくる

どうしたら組織や自分自身のクリエイティビティを上げられるだろう。

何かを変えたいけれども、それを直接変えられないときは、どんな環境やインセンティブを整えるのが最善かを考えると少し前に進めることが多い。

組織や自分自身のクリエイティビティも、それを直接いじることは(少なくとも短期的には)できないので、どんな環境がクリエイティビティを促進するのかを考えるべきなんだと思う。

尊敬する経営者のじょごな氏のnoteを読んでいて思いついたのだけれど、その1つのヒントは「独立させる」ことなんだと思った。

巷ではブレインストーミング信仰(正確には、グループブレインストーミング信仰)がいまだに強い。けれど、みんなで集まってブレストをするのは、アイディア創出の効率が悪いということが多くの研究で示されている。みんなで議論をすると、周りの意見に影響を受けたり、怖気づいたり、めんどくさくなったりする人がでて、すべての意見が表明させるわけではないから。なので、まずは参加者が個別に(コミュニケーションをせずに)アイディアを考えて、それをミーティングで共有し、その中からアイディアを探すという手順にすべき。そのほうが、得られるアイディアの数がはるかに多いことがわかっている。

これは、ブレストへの参加者を「独立させる」ということ。

じょごな氏のnoteを読んでいたら、個人でも同じようなことをするといいらしい、ということが書いてあった。何か観察に出かけたら、思いついたアイディアを思いついたり気付いたときに、別々の紙に書きとめていくことが効果的なんだと。これも、思いついたことをごちゃっと頭の中で一緒にせずに「独立させる」ことで、より多くのアイディアを確保しよう、ということ。

自分の脳みそを入れ替えることはできないけど、他にも出来ることはきっといっぱいある。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Notes for a book I will nev...

学部で開発経済学少々+ウガンダ難民居住区で半年インターン→戦略コンサル6年強(事業計画、マーケティング、BDD)→米MBA→米系IT企業で経営企画っぽいお仕事@東京 Twitter: @sidewaysz
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。