僕がマルチ商法を始めた理由

僕には兄がいます。

兄はスポーツも万能、勉強もすごいできて、今は外資系のIT企業でバリバリ働いています。
それに比べ自分は全てが平均レベル。
小さい頃から自分は一人では何も判断できず、兄の背中を追いかけ、兄の真似ばかりしてきました。
野球を始めたのも、楽器を始めたのも、高校、大学を選ぶ基準も全て兄の意見を参考にしていました。
もちろん親の期待はほとんど兄に向かい、親から認められたことなど一度もありませんでした。


大学に入学してからは自由度も増え、選択肢が増えたこともあり、一つ目標ができました。

兄を超えて、親から認められたい。


何を基準に越えるか正確に決めてはいませんでしたが、当時の自分が考えた結果は兄より優秀な企業に行き、兄よりも稼ぐことでした。


しかし大学は兄よりランクが低く、兄より良い企業に行ける可能性は低いと思いました。(今は学歴社会じゃないけど)


そこで兄を超える為には違う手段で稼ぐしかないと思い、資産運用で稼ごうと思いました。
その直後、高校の友人から投資の情報商材の話を貰いました。

話を聞き終わった後は悩むことすらなく、「やります」の一言が出ていました。


あの決断が正しかったのか、間違いだったのかは正直分かりませんが、兄を超えたいという初めて自分の意思で動いた最初の一歩がたまたまマルチ商法だったんだなと今は思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

sigma(シグマ)

1996年生まれ 23歳 大学3年生にマルチ商法を始める。大学を中退し、個人売上1000万達成。会社の管理職、運営に携わる。同時並行で就活を行い、大手人材派遣会社の内定を獲得。マルチ商法を辞め、大学に復学し、2020年から社会人。マルチ商法の被害者が少しでも減りますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。