見出し画像

数少ない催眠資料

催眠関係の資料で日本で翻訳されあまり流通されていない資料として東側の催眠の資料が少ないです。

日本では近年、東側や旧東側の催眠関係の資料が出ておらずほぼエリクソンなどとと行った西側の資料が多く翻訳されて出版されています。

鉄のカーテンや西洋系の催眠を異常と言っていいぐらい崇拝している催眠関係者がいるのも現状です。そういうこともあってか旧東側や東側の催眠関係の資料や本があまり翻訳されないが現状です。

日本で流通されているのは古書が殆ど

日本で流通している東側の資料は殆ど古書ばかりです。

自分が知っている東側でオススメの催眠資料は以下です。

はい、ほぼ新品では販売されていないし中古でしか買えないのが残念で非常に勿体珍しく良い情報も載っているのです。

復刻版として再販してくないですかね。

おねがいしやす!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただきありがとうございます。 サポートで頂いた支援金に関しましては催眠研究の資金として書籍代や関連イベントなどの参加費に使用させていただきます。 サポートで私の研究速度も上がりますので気になる方やもっと記事を書いて欲しいと思われた方は、ぜひ宜しくお願い致します。

2

sihirli

東南アジア系日本人の催眠術使い。四国の某所でひっそりと催眠研究などを行っております。 Noteでは催眠関係者向けに自分が作った方法や、未だにネットに出ていない情報を紹介していきます。 催眠初心者でも分かりやすい記事も個別に用意しております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。