見出し画像

うつから抜け出すまで1 自分を押し殺す学校教育

今日は僕がどうしてうつになってしまったか。

そしてどのように自分の中のうつを消して復活したかを

数回にわけてその経験をお話させていただきます。


ちょっとくらめの話になりますが、なるべくコミカルに語りますね。


僕は宮城県で産まれ、小さい時は岩手県の田舎町で育ちました。

父は医者で4人兄弟の長男。裕福な家庭に育ち、いわゆる“おぼっちゃま”でした。

本来活発な子だったのですが、身体が小さく顔が可愛かった(女の子みたいい)だったので、よくいじめられてました(;^ω^)住んでいた場所も田舎特有の排他的差別がひどい地域で、医者の息子ということでも目立っていたのかもしれません。

しかも、4人兄弟、下3人は妹という環境もあり、学校では女の子にはモテていました(笑)

当時は女の子と話すだけでも先生に注意されるようなガチガチの校風だったので、よく注意されていました。

今考えると、話すだけでもダメなんて、監獄か!って思いますよ。


ダメな理由もわからず

ただダメなルールばかりが多い。

みんながやっているんだから同じことをしろ。

ほかの生徒と違うことはするな。

それがあなたたちのためなの。

出る杭は打たれるの。

そうならないためにも

それがあなたたちのためなの。

ただ目立たないように

与えらたことに疑問ももたず、

ひっそりと自分を押し殺しす生き方を教えるのが

学校というところなんだと知りました。


私の特技は、「人のいうことを聞くことです。自分の頭では考えません。言われたことを素直に聞きます。」

そんな違和感に必死に抵抗するような幼少期でしたね。


唯一の救いはいまでも弾いているピアノ。習い始めたのが3歳。早い時期にピアノに出会えたのは両親に感謝です。音楽のすばらしさに触れることができたのが、ピカピカの宝物です。ピアノを弾いている時は異次元の美しい世界に触れているようなワクワク感がありました。

でも、それもピアノは女の子がするもの

そんな周りの目がイヤで、人前では弾きたくなくなってしまいました。

その時に他人の目線なんか関係ない、オレはやりたいことだけする!って強さがあれば関係なかったのだけど、結局何をやっても他人からの目線が煩わしくて、自分をだすことを徐々にしなくなっていきました。

ピアノが自分がやりたいことから、人にやらされている感覚になったのもこのころです。

自分を押し殺すと、ほんとうにやりたいこともわからないなってしまう、、

“他人に心を開くのはむだに傷つくだけだから、心には入れないようにしよう”そう思いました。

違和感があって抵抗をしていたのに、少しずつそまっていきました。


仲のいい子は何人かいたけど、あまりにも学校の雰囲気になじめず、父の転勤も重なり、小5で仙台に引っ越しをしました。

引っ越した仙台は開放的だったので、学校にもなじめ友達もたくさんできて楽しかったです。


が、中学に入るとやはり受験勉強のため、毎日怒られながら父に勉強をみられました。ほんとつらかったですね。両親からは大人になったら医者になるのよ!と育てられ、自分でも他にやりたいこともなかったので、そうなるんだろうな…ぐらいに思っていました。

おかげで成績はよかったものの、なんのために勉強なんかしなければいけないのか?はわかりませんでした。

成績

偏差値

数字

それでお前たちの一生が決まる

いい高校に入って、いい大学に進み、一流の企業に勤めることがお前たちの幸せ。ひたすら勉強の3年間でした。

…いつのまにか、ピアノを弾くこともなくなりました。


第2話に続きます。

お読みいただきありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

西條研吾

元うつのセラピスト。ひどい時は1日20錠の抗うつ剤を飲み、精神のドン底を経験。 そこから独自の方法で薬をすべてやめることに成功。どうやってはい上がったのか?その経験をシェアしています。 音楽活動もしています。楽器はピアノ。X JAPANとクラシックとメタルが大好物です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。