カンちゃんのケンカ

 小噺です。

 こんにちは、クロックロだよ。

 今朝はいつものようにカンちゃんは外に遊びに行って、ボクは書斎で書きものをしていたんだ。

 そうしたら、外から、大きな猫の声が……

「みゃああああおおおおう!」

「みゃあああああああああああああおおおおおおおおおおおう!!」

 これは、ケンカだ!

 ミィくんはケンカするような猫じゃないし、知らないオス猫同士がはち合わせてしまったのかな……と思いながら、窓の外をのぞいたんだ。

 見えたのは、にらみ合う二匹の猫。

 一匹は白っぽい猫だけど、ミィくんじゃない(性別不詳)。

 鬼のような顔をして威嚇している。

 そしてもう一匹は、どうも見覚えのある、小ぶりで黒い猫……。

 こちらに背を向けているけれど、どう見てもあれは……

「カンちゃん!」

 呼びかけると、黒い猫の尻尾の先が動いた。

 やっぱり、カンちゃんだ!!

 一切、相手からは目をそらさず威嚇を続ける姿は、とてもじゃないけど少し前まで子猫だったとは思えない。

 ボクは家から出て、二匹に駆けよりながら、もう一度カンちゃんの名前を呼んだ。

 今度は、カンちゃんが振り返った。

 その瞬間、白い猫がカンちゃんにとびかかり、二匹はもつれ合いながら転がった。

 でもすぐに白い猫はカンちゃんから離れて、一目散にどこかに走って行っちゃった。

 ボクが来たから、分が悪いと思ったのかもしれないね。

 ボクのほうに走ってきたカンちゃんを、ボクはぎゅっと抱きしめた。


 箱入り娘に育てようと思ったのに、やんちゃが過ぎるよ(-_-;)


 カンちゃん、君子あやうきに近づかず、だからね!!

「なにそれ~」

 ダメだこりゃ(-_-;)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます、わーい(*´▽`*)
5

島田つき

コラム・小噺

夢とうつつと幻のはざま
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。