悪虐非道の姫

「かつて魔族と人間が同じ街に共存する時代があったのよ」女戦士ヨシミは人工パーツに置換された下顎に触れる。「悪い冗談みたいだった」
「……」
向き合うイオタ——魔族に呪殺された勇者のクローン体——は固唾を呑んだ。

女戦士ヨシミが当時住んでいた団地の道路で、裸の若い女が四つん這いになり臀部を鞭打たれていた。
鞭を振るのは魔界の女王イグナール。ヨシミのお隣さんだ。
「良い子ね!あと50発耐えれば奴隷に戻してあげるわ」
そしてまた一打。
「イグナールさん、やめたげて!死んでしまうわ!」
ヨシミは駆け寄り、踏み込んだ。手にしたモーニングスターのスイングを合わせ、跳躍。振り下ろす。
——が、難なく躱されヨシミの側頭部に鞭の柄による殴打。
「ぐうっ」横転。
「ヨシミさん、躾に口出しは許しません。お隣さんのよしみでその口を引きちぎれば許します。どうぞ」
差し出されたのは禍々しい短剣。

【つづく】


●期限間に合わいませんでした……。投稿しないほうが良いのかと思いつつ、書いたので放流す!

#逆噴射プラクティス #逆噴射小説大賞 #逆噴射小説大賞期限オーバー #小説 #団地 #モーニングスター #勇者

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!電子ハグを貴方に!
4

うそめがね

仕事の合間に出張コーヒー屋をおこなったりザツブンを書いたりして暮らしてます。| 出張コーヒー屋⇒http://setocoffee.hateblo.jp|Twitter⇒Sin_V

うそめがねチビ文庫

筆者の日常をモチーフにしたショートショートおよび短編小説を集めました。日常をモチーフにはあんまりしませんね。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。