【記事感想】バイオベンチャー、ロイバントの成長。

ハーバード大学で生物学を学んだ後、金融界に入り、バイオベンチャーへの投資で大成功を収めた。その後、2014年に20歳代でロイバントを設立し、新しいビジネスモデルの創薬事業をスタートさせる。

記事元大日本住友製薬が英ベンチャーに巨額投資、その真の狙い

面白い人ですね。創業者の名前は「ヴィヴェック・ラマスワミー」。生物学を学んだ後に金融界に入って、バイオベンチャーの投資で成功するって…まさか最初から計画通りだったのかな?

すでにソフトバンク・ビジョン・ファンドからも11億ドルの出資を得ているようです。

ビジネスモデルは以下の通り。

棚ざらしになっている候補化合物に着目して権利を確保し、領域ごとに子会社を設立し、そのトップには業界での経験豊富な経営者を招いて開発を進めるというのがロイバントのビジネスモデルだ。

最初はロケット・スタートアップのようなビジネスモデルかと思っていたのですが、事業再生ファンド的?に見えます。言っていることはユニークですが、簡単なことではありません。

今回、大日本住友製薬が大々的な出資に打って出ましたが、この出資が吉となるか、そしてロイバントがどのような成長を遂げるか楽しみです。


#ロイバント #大日本住友製薬 #出資 #バイオベンチャー #スタートアップ #ベンチャー #投資 #英国 #イギリス #ヴィヴェック #ラマスワミー #金融学 #生物学 #医療 #薬 #子会社 #ソフトバンク #ビジョンファンド #創薬事業 #創薬


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

新常好古

メモ用と所見用として使っていきます。学んだことはアウトプットしていく予定です。ゴリゴリやって自分の血肉とします。

Next Blog

企業を考察します。主にスタートアップ中心。考察というか妄想です。ブログは「ネクスト ブログ」と呼びます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。